「勤怠管理」の取り組みの必要性と効果的な実践方法について

「働き方改革」による労務対策と勤怠管理の必要性について

働き方改革における勤怠管理の必要性を経営者目線にてご紹介します。

  • クラウド営業・業務プロセス効率化オンライン

    • 日時:2019年10月18日(金) 16:00〜17:00
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 講師:馬場 栄 氏 ほか

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

16:00〜17:00

【G04】

「勤怠管理」の取り組みの必要性と効果的な実践方法について

2019年度より「働き方改革関連法」が施行され、勤怠管理の重要性がうたわれています。社会保険労務士の目線による、経営者としての勤怠管理の必要性や重要性をご案内します。今までの出勤簿やタイムカードで管理する方法ではリアルタイムの状況の確認ができず、気が付いたときには法律違反をしている可能性が大いに高まります。本セミナーでは「勤革時」の効率的な打刻方法(タイムカードではない勤怠の打刻)、勤怠状況や残業状況の正確かつ迅速な把握、勤怠データと給与計算までのシームレスな連携を中心に、例を交えて流れをお伝えします。

日時:2019年10月18日(金)

講師

株式会社ヒューマンテクノロジーズ

馬場 栄

「労務リスクをなくし、中小企業を守る」ことを使命とする保険サービスシステムの元代表社労士。900社を超える企業の就業規則改定や作成に携わり、残業代問題をはじめとした経営者の労務の悩みを解消してきた。現在は株式会社ヒューマンテクノロジーズにて各地講演依頼などもこなす。

講師

株式会社ヒューマンテクノロジーズ チャネル開発部

鈴木 遼

クラウド勤怠管理システム「勤革時」の販売を担当。お客様の勤怠課題解決に向け日々活動中。

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー