働き方改革時代の情報セキュリティ対策

秘密文書の管理と漏えい対策

企業内にある文書は情報資産です。企業内文書は報告書から、製品開発データなど、重要度の高い秘密文書までさまざまです。秘密文書漏えい対策の現状と課題、また方法についてご紹介します。

  • セキュリティ複合機・コピー機活用機密漏えい・外部侵入対策オンライン

    • 日時:2019年10月29日(火) 10:30〜11:00
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 講師:鏑木 邦顕

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

10:30〜11:00

【L01】

働き方改革時代の情報セキュリティ対策

「働き方改革」を進めていくための対応策の一つとしてペーパーレス化が推進されています。今まで紙で管理していたものを電子データとして保存するため、管理するデータ量は従来以上となり、文書の分類に時間がかかるようになっています。また、個人情報保護法の対象が中堅・中小規模事業者にも拡大し、情報漏えい対策の重要性についての認識は高まり取り組みを行う企業は増加しています。このような中、個人情報や製品データなどの機密情報が、印刷やコピーによって外部流出するリスクが課題となっています。本セミナーでは、秘密文書漏えい対策の実情と課題、また方法についてご紹介します。また、AI技術を活用した秘密文書管理対策についてもご紹介します。

日時:2019年10月29日(火)

講師

サイオステクノロジー株式会社 SIOS Apps事業企画部

鏑木 邦顕

クラウドサービス、AIの新規事業のサービス企画からプロモーション活動までのマーケティング活動に従事。

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー