オフィスで使える高性能樹脂3Dプリンター「Stratasys Fシリーズ」と活用方法とは?

世界No.1シェア(注1)「Stratasys Fシリーズ」はオフィスで簡単に使える高性能樹脂3Dプリンター その製品と材料の特徴と効果的な使い方をお伝えします

高い耐久性・耐熱性を持つ、高性能なモデル造形が可能な「Stratasys Fシリーズ」。試作のみならず、治工具・簡易型・最終製品の生産にも威力を発揮し、幅広くものづくりの現場で活躍します。

  • CAD(設計支援ツール)営業・業務プロセス効率化 オンライン

    • 日時:2020年3月6日(金) 14:45〜15:30
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 講師:丸岡 浩幸

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

14:45〜15:30

【B02】

オフィスで使える高性能樹脂3Dプリンター「Stratasys Fシリーズ」と活用方法とは?

Stratasys 3Dプリンターのラインアップ・材料紹介だけでなく、特長とその活用法についてもご紹介します。またStratasys製FDM方式3Dプリンター F123シリーズ「F370」向けに新材料「Diran 410MF07」および「ABS-ESD7」の取り扱いも開始しました。これらの新材料の特長や活用シーンなどもご紹介します。

日時:2020年3月6日(金)

  • (注1)出典:Wohlers Associates, Inc.「Wohlers Report 2019」より
講師

丸紅情報システムズ株式会社 製造ソリューション事業本部 モデリングソリューション技術部 アプリケーション推進課スペシャリスト

丸岡 浩幸

Stratasys樹脂3Dプリンター、Desktop Metal金属3Dプリンターの国内外の活用情報収集発信、より良い活用方法提案、開発業務を主に担当。

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー