産業用ロボットを利活用するためのソフトウェアをご紹介!

産業用ロボットを導入予定の方、もっとうまく活用していきたい方必見!

ヒトに代わる労働力として工場を中心に導入が広がっている産業用ロボット。そのロボットの動作をPC上で作成できるソフトウェアをご紹介し、特長とソフトウェア間の比較についてご説明します。

  • CAD(設計支援ツール)営業・業務プロセス効率化オンライン

    • 日時:2020年5月25日(月) 10:30〜11:20
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 講師:土江 祐介

重要なお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大の影響、および感染防止の観点から、やむを得ず配信方法の変更や急きょ配信を中止する場合もございます。ご了承ください。

セミナーの詳細

10:30〜11:20

【H01】

産業用ロボットを利活用するためのソフトウェアをご紹介!

人手不足を補うためのツールとして、また働き方改革で仕事をより効率的に行うためのツールとして注目を浴びている産業用ロボット。しかしなかなか導入が進まない、もしくは稼働率が上がらない理由の一つであるロボット動作のプログラミング。ペンダント(コントローラー)を使用した場合とティーチングソフトを使用した場合でどう変わるか、ソフトの特長を交えながらご紹介します。

日時:2020年5月25日(月)

講師

株式会社大塚商会 CADプロモーション部 製造プロモーション課

土江 祐介

3DCAD/CAMのエンジニアとしてプリセールス、コンサルティングを経験。現在は大塚商会にて3DCAD/CAMや加工機・3Dプリンターのプロモーション業務を担当。お客様の業務にあった製造ソリューションをご提案します。

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー