事業継続のための対策は万全ですか? BCP対策に効果! テレワーク導入の実務ポイント

業務の整理から労務管理、規定類の落とし込みまで

「誰が」「どのような業務を」会社にいるのと同じようにできるのか、業務の棚卸しから、セキュアな環境でのデータ管理などの環境整備、労務管理の方法など、人気の社会保険労務士がテレワーク導入時の実務ポイントを解説します。

  • コンサルティングバックアップ・災害対策(BCP)経営基盤強化・リスク対策オンライン

    • 日時:2020年5月13日(水) 13:30〜14:30
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 講師:北條 孝枝

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

13:30〜14:30

【B02】

事業継続のための対策は万全ですか? BCP対策に効果! テレワーク導入の実務ポイント

コロナウイルス感染症は、いつでも起こりえる危機が身近に潜んでいることを痛感させられた出来事でした。事業を継続するためにテレワークが有効な対策であることを痛感なさった方も多いのではないでしょうか。いざ、テレワークをと考えても危機が起きてからでは間に合いません。誰が、どのような業務を会社にいるのと同じようにできるのか、業務の棚卸しから、セキュアな環境でのデータ管理などの環境整備、労務管理の方法など、事前に取り決め、実際に運用ルールを作っておかなければなりません。テレワークができるということは、事業継続のための大切なデータの保管がされており、社員の多様な働き方が可能になっているということです。本セミナーではその実務ポイントを解説します。

日時:2020年5月13日(水)

講師

株式会社ブレインコンサルティングオフィス

北條 孝枝

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー