FDM方式3Dプリンター 材料編

さまざまな材料の特性と活用事例をお伝えします

PLA樹脂、ABS樹脂、光硬化樹脂では強度や耐熱、靱性が足りない。形状確認用途だけでなく、治工具や最終製品に使おうと思うと材料の性能が求められます。現在使えるハイスペックな材料をご紹介します。

  • CAD(設計支援ツール)営業・業務プロセス効率化オンライン

    • 日時:2020年9月15日(火) 10:30〜11:15
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 講師:小島 晴也

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

10:30〜11:15

【H01】

FDM方式3Dプリンター 材料編

3Dプリンターで治工具や最終製品を作りたいと考えている方におすすめです。樹脂についての基本的な知識から、射出成形と3Dプリンター技術の違い、そして各材料の特性と活用事例をお伝えします。PLA樹脂、ABS樹脂、光硬化樹脂では対応できなかったシーンにぴったりの材料があるかもしれません。ハイスペックな材料を用いて、多くの治工具や部品、ツールを3Dプリンターに置き換えメリットを生んでいる企業の活用事例は、貴社で3Dプリンターを活用する際のヒントになると思います。

日時:2020年9月15日(火)

講師

丸紅情報システムズ株式会社 製造ソリューション事業本部 モデリングソリューション部 モデリング営業一課

小島 晴也

Stratasys樹脂3Dプリンターのエンジニア職を過去担当し、現在は同Stratasys樹脂3Dプリンターの営業を務める。現在もトレーニングなどを担当し、エンジニア時代に培ったノウハウを生かして、お客様の業務に最適な3Dプリンターを選定・提案している。

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー