「電子帳簿保存法」要件緩和! 請求書・領収書など、国税関係書類電子化のポイント

国税関係書類の電子化を検討しているお客様必見!

国税関係書類電子化のために必要な「電子帳簿保存法」。電子化において求められる要件を詳しく解説します。経理・財務部門のお客様必見です!

  • 文書管理・スキャニング複合機・コピー機活用紙文書の管理・活用営業・業務プロセス効率化オンライン

    • 日時:2020年10月8日(木) 13:30〜14:30
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 講師:岡野 純子

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

13:30〜14:30

【C12】

「電子帳簿保存法」要件緩和! 請求書・領収書など、国税関係書類電子化のポイント

「2023年には請求書が完全電子化に」という報道をはじめ、国税関係書類電子化の動きが多くなってきています。紙の請求書、電子で受け取った請求書の保存については、「電子帳簿保存法」の要件を満たす必要があります。2020年10月より「電子帳簿保存法」の要件が緩和され、電子化のハードルがさらに下がりました。本セミナーでは、「電子帳簿保存法」の要件を詳しく解説します。テレワークや多様な働き方が求められる中、ペーパーレスに取り組まれるお客様には必見の内容です。ぜひ、お気軽にご参加ください。

日時:2020年10月8日(木)

講師

株式会社大塚商会 共通基盤セキュリティプロモーション部

岡野 純子

大塚商会のマーケティング本部の中でドキュメントソリューションを担当。一般的なドキュメント管理をはじめ、e-文書法、電子帳簿保存法に精通。多くのお客様、ベンダーとやりとりをしています。

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー