コロナで変わる働き方、データセンターを活用したVPNサービスのご紹介

新しい働き方に対応するには通信インフラの見直しを!

アフターコロナ期のニューノーマル時代の働き方に即した通信インフラとして、データセンターを有効活用するためのVPNサービスをご紹介します。

  • 通信・ネットワークネットワーク環境の構築・改善オンライン

    • 日時:2020年12月14日(月) 15:00〜15:30
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 講師:坂田 郁弥

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

15:00〜15:30

【G13】

コロナで変わる働き方、データセンターを活用したVPNサービスのご紹介

本来は働き方改革により始まったテレワークという働き方ですが、新型コロナウイルスの影響で広く普及してきました。その中でリモートアクセスや勤怠管理のサービスを導入されたお客様も多くいらっしゃるかと思います。導入することで外出先に持ち出すクライアントはテレワーク仕様になりましたが、通信インフラはいかがでしょうか。システム担当者の方が、サーバーメンテナンスで出社せざるを得なくなっていませんか? 社員に感染者が発生してしまった場合、出社ができず業務継続ができなくなる可能性もあります。データセンターを活用するインフラを構築することでシステム担当者が出社しなくてよい、災害に強い環境が実現します。本セミナーではデータセンターを活用するVPNサービスをご紹介します。

日時:2020年12月14日(月)

講師

株式会社大塚商会 共通基盤情報通信ネットワークプロモーション部

坂田 郁弥

株式会社大塚商会 マーケティング本部所属。2018年に大塚商会へ入社。法人向けリモートアクセスサービス「どこでもコネクト」のプロモーションを担当。「働き方改革」「BCP対策」の観点からお客様の新しい働き方をサポートします。

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー