AI OCR革命! 手書き文字でも精度100%のデータ化手法とは

理論上識字率100% AI OCR「LAQOOT」

理論上識字率100%! AI OCRの常識を超えた仕組みと活用方法についてご紹介します。

  • 人手不足対策(業務自動化/生産性向上)紙文書の電子化(書類・FAX・名刺・データ管理等)テレワークの実現・効率化AI・IoTRPAクラウド営業・業務プロセス効率化紙文書の管理・活用オンライン

    • 日時:2021年4月16日(金) 10:30〜11:20
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 配信環境:Zoom
    • 講師:安部 宥志

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

10:30〜11:20

【H01】

AI OCR革命! 手書き文字でも精度100%のデータ化手法とは

新型コロナウイルスの影響により、緊急性が高まっているテレワーク環境の構築。AI OCRとRPAの選定から運用の最適化が重要視されています。ルーティンワーク化された入力業務からの脱却と、業務システムへのシームレスな連携が「コスト(人件費)」と「時間」の大幅な削減に寄与します。「AI(人工知能)」と「ヒト」を自動でつなぎ、手書き文字でも理論上識字率100%を実現した「LAQOOT」。なぜ100%の識字率が実現できるのか、その裏側の仕組みと活用方法について、ケーススタディーを基に解説します。

日時:2021年4月16日(金)

講師

株式会社ユニメディア クラウドソーシングユニット

安部 宥志

1977年生まれ 中央大学法学部卒。大手SI企業での営業経験を活かし、中堅・中小企業向け業務システム導入コンサルティングを行う。2017年より株式会社ユニメディアに参画。「LAQOOT」を活用した業務効率化に関するコンサルテーション実績は200社以上。

当日の流れ

  1. コロナ禍で求められる、企業の代表的な課題について
  2. 識字率の認識、あっていますか?
  3. 理論上100%の識字率を実現するコンペアプロセスについて
  4. データ化手法について(具体的実例を交えて)
  5. 導入ステップ、費用について
  6. 業種別RPA連携事例ご紹介

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー