ファイルサーバー、クラウドでの容量拡張の仕組みを徹底解説!

「Microsoft Azure」を活用したハイブリッドサービスのご紹介

ファイルサーバーの導入時、将来を見越した容量を用意して余分な初期投資をしていませんか?「Azure File Sync」を使ったソリューションをご紹介します。

  • 経費削減バックアップ・災害対策事業継続・事業承継サーバー活用サービス&サポート(たよれーる)クラウドITの運用・保守の負荷軽減コスト削減・売り上げ向上オンライン

    • 日時:2021年4月19日(月) 13:00〜13:30
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 配信環境:Zoom
    • 講師:古阪 晶平

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

13:00〜13:30

【J11】

ファイルサーバー、クラウドでの容量拡張の仕組みを徹底解説!

オンプレミスのファイルサーバーは導入後の容量拡張がしづらく、初期導入時に利用するか分からない大容量を準備しがちです。また、遠隔地にデータ保管するBCP対策を検討すると、さらにコストは跳ね上がります。クラウドでファイルサーバーを導入する場合は、ファイルのアクセス速度が気になる、別途セキュアな回線を用意する必要がある、といった懸念事項があります。本セミナーでは、これらの課題を解決する「Azure File Sync」の仕組みと、ハード保守・運用支援サービスもひとまとめにした大塚商会独自サービス「ハイブリッドファイルサーバー」について、分かりやすくご説明します。

日時:2021年4月19日(月)

講師

株式会社大塚商会 共通基盤セキュリティプロモーション部

古阪 晶平

2001年、株式会社大塚商会入社。ホスティングサービス・オンラインストレージサービスのプロモーション担当を経て2016年より「たよれーる保守」のプロモーション担当。現在はPC系保守サービスやバックアップサービスなどの啓蒙活動に従事。

当日の流れ

  1. オンプレミスとクラウドの課題
  2. ハイブリッドで解決
  3. 「Azure File Sync」とは
  4. ハイブリッドファイルサーバーのご紹介

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー