AmazonEDIを活用するためには 導入検討ポイントを徹底解説

Amazonとの取引をもっと簡単に、もっと効率的に

Amazonとの取引開始・さらなる拡大をしようとしている企業様向けに、EDI対応のポイントを解説します。

  • 人手不足対策(業務自動化/生産性向上)ERP・基幹業務・業務管理ITの運用・保守の負荷軽減営業・業務プロセス効率化オンライン

    • 日時:2021年4月21日(水) 14:40〜15:10
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 配信環境:Zoom
    • 講師:道山 裕介

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

14:40〜15:10

【L03】

AmazonEDIを活用するためには 導入検討ポイントを徹底解説

通販大手のアマゾンジャパン合同会社(以下、Amazonジャパン)との取引においては、受注から出荷までの業務をいかに効率的に行うかが重要です。Amazonジャパンでは、ベンダーセントラル(WebEDIサービス)以外にも他システムとの連携を想定したEDIシステムもご提供しています。しかし、アメリカに本社を置くAmazonでは、日本における一般的なEDIとは異なる点も数多く存在しています。本セミナーでは、Amazonジャパンとの取引において、受注から出荷業務を効率化する「AmazonEDI」の活用について解説します。また各種ソリューションを活用し業務効率化を実現している企業の事例もご紹介します。

日時:2021年4月21日(水)

講師

ユーザックシステム株式会社 パッケージビジネス事業部 パートナービジネス営業部

道山 裕介

ユーザックシステム株式会社 パートナービジネス営業部に所属。自社ソリューション「名人シリーズ」の販売とプロモーションに従事。EDIやFAXを利用した受注業務のほかに伝票や送り状発行が必要な出荷業務など、お客様の課題に対して幅広くシステム提案をしている。

当日の流れ

  1. ユーザックシステム株式会社 会社紹介
  2. AmazonEDI概要ご説明
  3. AmazonEDIに必要な要件
  4. 対応システムのご紹介
  5. 事例紹介

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー