工場内のデータ活用による課題の早期発見でカイゼン! 短期間で実現するデータ活用方法

スマートファクトリーを支えるシステム活用

既存のシステムや環境・業務を変えず、データを活用することで、スマートファクトリーを実現できます。作業日報や生産設備ログをデジタル活用し、短期間で効果を生み出す方法をご紹介します。

  • 人手不足対策(業務自動化/生産性向上)データ分析・活用ERP・基幹業務・業務管理RPAITの運用・保守の負荷軽減業務データの活用オンライン

    • 日時:2021年4月22日(木) 14:40〜15:10
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 配信環境:Zoom
    • 講師:上原 智宏

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

14:40〜15:10

【M02】

工場内のデータ活用による課題の早期発見でカイゼン! 短期間で実現するデータ活用方法

製造業のお客様において、現場の方の業務を圧迫せず、分析などデータを活用するには、データの収集・連携などのデータ整備が重要になります。自社の製造プロセスの問題や課題を早期発見し、カイゼンにつなげて効果を上げるには、データ活用が不可欠になります。従来の業務や既存システムを有機的に活用しながら、データ活用を可能にする手法を事例を交えてご紹介します。

日時:2021年4月22日(木)

講師

株式会社セゾン情報システムズ HULFTビジネスユニット

上原 智宏

当日の流れ

  1. お客様の課題
  2. 導入事例のご紹介
  3. 終わりに

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー