ノーコード・ローコードプラットフォームの選定における注意点と選択のポイント

DXを推進するために必須の開発環境

2024年までにローコード開発がアプリケーション開発活動の65%以上になるといわれています。今から各種製品のその目的、種類、特徴を押さえておきましょう。

  • テレワークの実現・効率化人手不足対策(業務自動化/生産性向上)経費削減エンジニアリングその他情報共有・会議システムデータ分析・活用営業・業務プロセス効率化業務データの活用オンライン

    • 日時:2021年8月19日(木) 14:15〜15:00
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 配信環境:Zoom
    • 講師:臼井 修 氏 ほか

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

14:15〜15:00

【D03】

ノーコード・ローコードプラットフォームの選定における注意点と選択のポイント

コロナ禍でビジネス環境の急速な変化により短期間でのシステム構築が求められます。一方で、業務用アプリケーション作成のエンジニア採用が難しい中、内製化が必要ではないでしょうか。さらに、競争力を強化するDXを推進することで、スピーディーで柔軟性の高いシステム対応が必要となってきます。ノーコード・ローコードアプリケーション開発といってもその目的によって、種類も特徴もさまざまです。本セミナーでは、それらのソリューションの注意点や選択のポイントをご紹介します。

日時:2021年8月19日(木)

講師

株式会社エイチシーエル・ジャパン

臼井 修

2000年のLotus入社後より「Notes/Domino」をはじめとするコラボレーション製品のエンジニアとして従事。現在はパートナー様を通じた製品の拡販と技術支援を担当しています。

講師

株式会社エイチシーエル・ジャパン

鴨志田 喜弘

1992年のLotus入社後より「Notes/Domino」をはじめとするコラボレーション製品の営業として従事。モットーはATM(明るく楽しく前向きに)です。

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー