介護DXで、科学的介護情報システム「LIFE」対応も万全!

介護業界におけるDX化推進のポイントを整理します

科学的介護情報システム「LIFE」・労務環境改善・見守りセンサー活用事例をご紹介します。

  • 人手不足対策(業務自動化/生産性向上)AI・IoT経営基盤強化・リスク対策オンライン

    • 日時:2021年8月23日(月) 14:45〜15:30
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 配信環境:Zoom
    • 講師:山内 俊明

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

14:45〜15:30

【F13】

介護DXで、科学的介護情報システム「LIFE」対応も万全!

2021年度の介護報酬改定では、感染症や災害への対応力強化を図ると共に、団塊の世代が75歳以上となる2025年、さらにその先の2040年を見据えた内容となっています。その中でも科学的介護の推進による「LIFE」の活用については、多くの事業所様が対応に追われているのではないでしょうか。2021年8月10日までの猶予措置があり、さかのぼって加算も取れるため、今システム環境の整備を行う必要性があります。介護記録システムなどのICTを活用した運用への変革が必要なときです。それに伴い労務環境改善・見守りセンサー活用事例も交えて、法人のDXに向けて部分最適ではなく全体最適に向けた対応策についてお話しします。

日時:2021年8月23日(月)

講師

株式会社大塚商会 本部SI統括部

山内 俊明

医療・介護の現場にいる職員の方が忙しく働く姿をよく目にします。そんな状況にある皆様の業務を、ITを活用することで効率化するお手伝いをしたいと思います。お客様の業務課題に対して私が今まで経験した業務改善事例を活用いただくことにより、業務改善・経費削減につながる運営面・経営面でのバックアップができると確信しています。ITは、これから本格化する少子高齢化社会にも貢献でき、不安を抱えている利用者様・患者様やそのご家族がより良いサービス受けていただくことにつながると考えます。

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー