サーバーをクラウドへ! 自然災害から企業データを守るには

クラウドにすることで、業務効率とBCPを実現!

今企業が求められる最適なデータ保護対策とは何か、大塚商会のデータセンターを活用することでBCPを実現できます。今こそ会社の重要な資産運用を見直してみませんか。

  • バックアップ・災害対策事業継続・事業承継経費削減感染症対策その他クラウドバックアップ・災害対策(BCP)サーバー活用経営基盤強化・リスク対策ITの運用・保守の負荷軽減オンライン

    • 日時:2021年8月27日(金) 13:30〜14:15
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 配信環境:Zoom
    • 講師:富永 一史

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

13:30〜14:15

【K11】

サーバーをクラウドへ! 自然災害から企業データを守るには

2021年は東日本大震災からちょうど10年の節目の年に当たります。昨今、全国規模で数多くの地震が発生していますが、あらためて事業継続計画であるBCPを点検・見直し、緊急事態が発生したときでも会社の業務をなるべく止めずに継続できる体制をつくることが必要です。本セミナーでは、BCPの観点から災害に強いバックアップ運用のほか、データセンターを活用する三つのメリットと今こそ必要な対策を、大塚商会のクラウドサービスでご紹介します。

日時:2021年8月27日(金)

講師

株式会社大塚商会 インフラ基盤プロモーション部

富永 一史

1986年入社、3年の営業、15年のエンジニアを経て、2005年よりマーケティングプロモーションを担当。営業、エンジニア、プロモーションの三つの職種経験を活かし、近年はメーカー製品をお客様目線でオリジナルサービス化に従事。趣味は座禅、ジョギングにトレッキング。好きな言葉は「何事も実践から」。

当日の流れ

  1. データ消失の脅威、災害事例
  2. 災害に強いバックアップ運用
  3. なぜデータセンターを活用? そのメリットとは
  4. 大塚商会のデータセンター
  5. 「2Uハウジングサービス」「Cloud IaaS」とは
  6. まとめ

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー