Oracle DB中規模向け災害対策ソフトウェア「Dbvisit Standby」ご紹介

基幹系・公共系などの災害対策構成が必須なOracle DB使用システムで非常に有用

データベースの災害対策では、データの保護に加えて、短時間で復旧できること、最新に近い状態へ復元できること(目標復旧時間、目標復旧時点の最小化)がポイントです。

  • バックアップ・災害対策ヒューマンエラー対策(紛失/誤操作/内部不正等)バックアップ・災害対策(BCP)クラウド製品の導入・活用支援経営基盤強化・リスク対策業務データの活用オンライン

    • 日時:2021年10月5日(火) 13:30〜14:00
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 配信環境:Zoom
    • 講師:渡部 亮太

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

13:30〜14:00

【A02】

Oracle DB中規模向け災害対策ソフトウェア「Dbvisit Standby」ご紹介

近年、公共系や基幹系システムなどを中心に、システム要件として「災害対策」が求められるケースが増えてきています。Dbvisit社の「Dbvisit Standby」を使用すると、中規模Oracle DBであるOracle SEでも安全安心なデータベースの、災害対策環境の構築が可能です。Oracleのスキルを持たないお客様でも、GUIで簡単に短時間で待機系データベースへの切り替えを実行できます(目標復旧時間の最小化)。稼働系データベースと待機系データベースは、常にデータ同期されているため、最新に近い状態へ復元できます(目標復旧時点の最小化)。

日時:2021年10月5日(火)

講師

株式会社コーソル 企画&マーケティング部

渡部 亮太

Oracleに関する講演および執筆実績多数。日本で6人しかいないOracle ACE(Oracle Database)の1人。

保持資格

  • ORACLE MASTER Platinum Oracle Database 12c/11g/10g ほか多数

主な著書

  • 『オラクルマスター教科書 Silver DBA Oracle Database Administration I』
  • 『オラクルマスター教科書 Bronze DBA Oracle Database Fundamentals』
  • 『オラクルマスター教科書 Gold Oracle Database 12c』
  • 『Oracleの基本〜データベース入門から設計/運用の初歩まで』
  • 『プロとしてのOracleアーキテクチャ入門』

当日の流れ

  1. 所属企業および取り扱い製品のご紹介(株式会社コーソル)
  2. Oracle災害対策の必要性
  3. 「Oracle Data Guard」と「Dbvisit Standby」の比較
  4. 「Dbvisit Standby」の特徴
  5. 待機系DBを平時に有効活用する「Dbvisit Standby」の拡張機能
  6. 「Dbvisit Standby」関連サービス(販売および導入)

受講の受け付けを終了しました

受付終了

ナビゲーションメニュー