そのバックアップ運用ではデータは守れない!? 新型ランサムウェアからバックアップデータを守る対策と運用とは

キーワードは、バックアップデータを「隠す」

ランサムウェアの暗号化攻撃は、いまやバックアップデータまでが攻撃対象です。この攻撃からバックアップデータを守るには、バックアップデータをいかに「隠す」かが重要です。

  • バックアップ・災害対策バックアップ・災害対策(BCP)機密漏えい・外部侵入対策オンライン

    • 日時:2021年10月13日(水) 10:30〜11:00
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 配信環境:Zoom
    • 講師:及川 茜里

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

10:30〜11:00

【D11】

そのバックアップ運用ではデータは守れない!? 新型ランサムウェアからバックアップデータを守る対策と運用とは

ニュースや新聞でも被害が報道されているランサムウェア攻撃。被害は日本国内の企業でも広がっており、普段使用しているデータに加えバックアップデータも暗号化する攻撃が主流になっています。本セミナーでは、ランサムウェア攻撃の方法をひもとき、バックアップデータを守る構成やバックアップ運用方法をご紹介します。

日時:2021年10月13日(水)

講師

株式会社大塚商会 インフラ基盤プロモーション部

及川 茜里

当日の流れ

  1. 実被害から学ぶランサムウェア攻撃手法
  2. バックアップデータをランサムウェア攻撃から守るポイントと運用
  3. ランサムウェアの攻撃に強いバラクーダバックアップのご紹介

受講の受け付けを終了しました

受付終了

ナビゲーションメニュー