「アルミよりも軽く、鉄よりも強く」Desktop Metal社の新製品「Fiber」3Dプリンターのご紹介

FFF方式プリンターはここまで進化した!

PEEKやPEKKの高耐熱スーパーエンプラに、長繊維カーボンテープで剛性補強を行うFFF方式プリンター。従来の金属製品に対して、新しい方式でその置き換わりを図ります。

  • エンジニアリングCAD(設計支援ツール)オンライン

    • 日時:2021年10月19日(火) 15:15〜16:00
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 配信環境:Zoom
    • 講師:黒崎 徹平

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

15:15〜16:00

【F03】

「アルミよりも軽く、鉄よりも強く」Desktop Metal社の新製品「Fiber」3Dプリンターのご紹介

ニューヨーク市場への上場を経てシェア拡大を図る米国Desktop Metal社が、満を持してリリースするFFF方式プリンターです。二つのフィラメント用ヘッドと、長繊維テープ専用ヘッドの計三つのプリントヘッドを持ち、エンジニアリングプラスチックのナイロンPA6、スーパーエンプラのPEEK、PEKKを採用しています。いずれも長繊維カーボンファイバーテープを圧着しパーツを補強します。これによりプリントされるパーツは軽くて丈夫、そして高耐熱という特性を得ることができるため、従来のアルミやスチールのパーツを樹脂プリンターパーツに置き換えるというチャレンジングな目標に挑みます。スーパーエンプラ+長繊維という新しい組み合わせは、より広い活用の道を切り開きます。

日時:2021年10月19日(火)

講師

Brule Inc. セールスチーム

黒崎 徹平

Brule Inc.のセールス担当。カタログスペック上の話だけではなく、全プリンターのオペレーションも実際に行い、紙面からでは読めない特徴も把握したうえで最善の提案をすることを心掛けています。

受講の受け付けを終了しました

受付終了

ナビゲーションメニュー