プロジェクト収支の「見える化」で、企業をより強く変革させるとき

コロナ時代だからこそ、打ち勝つ基盤づくりを

無駄なルーティンワークを見直し、企業の成長を手助けする社内改革を始めませんか?

  • その他オンライン

    • 日時:2021年10月22日(金) 16:30〜17:00
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 配信環境:Zoom
    • 講師:浅賀 竜哉

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

16:30〜17:00

【J14】

プロジェクト収支の「見える化」で、企業をより強く変革させるとき

プロジェクト型ビジネス(案件・契約単位での業務をされている)の企業は、コロナウイルスの影響が大きいとお聞きします。「案件数も減り、キャンセルも多くなっている」「要件が想定より小規模となり、見込み売り上げが減ってきている」「クライアントの予算削減の影響が出始めている」このようなお客様の声がありました。また、急速に「テレワーク」が広まった現在、「見積書、請求書、注文書などの発行の申請・承認を紙ベースで行っている」「プロジェクトごとの経費精算、工数管理がなかなかできない、原価の深堀ができていない」「メールで売り上げや仕入れなどの情報伝達を行うのはヌケモレが心配」とお悩みの方はいらっしゃいませんか? 上記のような苦しい状況ではありますが、業界内ではIT投資に積極的な経営層のお客様も多く、苦しい今だからこそさらに筋肉質に「案件の『見える化』」などに取り組まれるお客様もいらっしゃいます。本セミナーではソリューションを例にした、基盤作りをご紹介します。

日時:2021年10月22日(金)

講師

株式会社大塚商会 業種SIプロモーショングループ

浅賀 竜哉

2000年入社。2019年よりマーケティング本部に在籍。入社以来、地域営業、システム営業として現場で活動。マーケティング本部に異動となった今は、長年の営業経験を活かしつつ、多忙極まる建設業界の皆様からのさまざまなご要望と課題を解決するために日々奮闘中。

受講の受け付けを終了しました

受付終了

ナビゲーションメニュー