「Charlotte」を使った社会保険手続き改善事例のご紹介

作業軽減とコスト削減とテレワーク

多くの企業が負担と感じている社会保険に関する手続き作業について、企業の実例を基に、コスト削減や手続きの作業時間削減に向けた、課題別の改善方法をご紹介します。

  • テレワークの実現・効率化紙文書の電子化(書類・FAX・名刺・データ管理等)ハンコや契約業務の電子化人手不足対策(業務自動化/生産性向上)経費削減クラウドマイナンバー文書管理・電子契約・ペーパーレス営業・業務プロセス効率化コスト削減・売り上げ向上オンライン

    • 日時:2021年12月22日(水) 15:10〜15:50
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 配信環境:Zoom
    • 締め切り日:2021年12月17日(金) 13:00まで
    • 講師:北野 文章

重要なお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大の影響、および感染防止の観点から、やむを得ず配信方法の変更や急きょ配信を中止する場合もございます。ご了承ください。

セミナーの詳細

15:10〜15:50

【P03】

「Charlotte」を使った社会保険手続き改善事例のご紹介

本セミナーでは、自由度の高い「Charlotte」を使って、大手企業がどのように業務改善を行ったのかについてご紹介します。特にコロナ禍により多くの企業が頭を抱えたといわれているのが、アナログ作業の多い「社会保険手続き業務」です。本セミナーでは、この作業を「どのようにテレワーク化できたのか?」また「電子申請は導入したいが、社会保険労務士にはどのように仕事を委託するのか?」など、各企業が悩んだ末に出した解決策についてご紹介します。同じような悩みを抱えられている企業様はぜひ、課題解決のご参考としてご覧ください。

日時:2021年12月22日(水)

講師

株式会社ユー・エス・イー 技術営業本部 副本部長

北野 文章

1993年に株式会社ユー・エス・イー入社。公共事業や金融機関関連のシステムの設計から開発を経験。その後お客様からの相談より「Charlotte」を発案し開発。現在は自社SI事業の責任者に籍を置きつつ、「Charlotte」の事業責任者として活動。

当日の流れ

  1. ごあいさつ
  2. 各企業が課題に感じるポイントとは?
  3. 電子申請を使った内製化、社会保険労務士委託の事例
  4. マイナンバーを使った申請の手間とリスクを削減した事例
  5. 通知の手間とリスクとコストを削減した事例
  6. 最後に

お申し込みはこちら

開催概要

日時
2021年12月22日(水) 15:10〜15:50
会場
オンライン(全国どこでも参加可能)
環境
PCやタブレットなどの端末と、インターネット環境が必要です。
(「Zoom」を利用して配信します)

(注)セキュリティソフトウェアまたは、アンチウイルスソフトウェアのセキュリティ機能によって配信システムの機能が正しく利用できない場合があります。

受講URL
当選されたお客様にメールにてご案内します。
参加費
無料(事前申込制)
お申し込みの注意事項
  • 新型コロナウイルス感染拡大の影響、および感染防止の観点から、やむを得ず配信方法の変更や急きょ配信を中止する場合もございます。ご了承ください。
  • 抽選結果並びに当選者への受講証は、セミナー開催日の2週間前から開催日の前日までに、順次E-mailにて送信させていただきます。
  • お申し込み多数のセミナーにつきましては、抽選とさせていただきますが、さらに一定数以上のご応募があった場合、早期に募集を締め切らせていただく場合がございます。
  • 締め切り日時を過ぎてからのお申し込みにつきましては、受講のご案内を配信できない場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • コンサルタント、同業のお客様のお申し込みはお断りしております。あらかじめご了承ください。
締め切り日
2021年12月17日(金) 13:00まで
主催
株式会社大塚商会
お問い合わせ先
お問い合わせの前に「よくあるご質問」をご確認ください。
よくあるご質問

株式会社大塚商会 オンラインセミナー事務局
E-mail:it-event@otsuka-shokai.co.jp
営業時間 9:00〜17:30(土・日・祝日を除く)

ただいま、受講を受け付けています

お申し込みはこちら

ナビゲーションメニュー