電子取引の電子保存義務化に2年の猶予!?「猶予期間」を有効活用できる電子帳簿保存法対策とは?

スキャナ保存に興味がある方も必見です

2年間の猶予が設けられた電子取引の電子保存。「猶予期間」を活用し、今から準備できる電子帳簿保存法対策をご紹介します。

  • 電子帳簿保存法改正対応文書管理・電子契約・ペーパーレス紙文書の管理・活用オンライン

    • 日時:2022年2月28日(月) 16:00〜16:45
    • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
    • 配信環境:Zoom
    • 締め切り日:2022年2月22日(火) 13:00まで
    • 講師:岡野 純子

重要なお知らせ

新型コロナウイルス感染拡大の影響、および感染防止の観点から、やむを得ず配信方法の変更や急きょ配信を中止する場合もございます。ご了承ください。

セミナーの詳細

16:00〜16:45

【M03】

電子取引の電子保存義務化に2年の猶予!?「猶予期間」を有効活用できる電子帳簿保存法対策とは?

2022年1月に施行された改正電子帳簿保存法。法的には電子取引データの電子保存が必須になりましたが、2年の猶予期間が設けられ、2023年12月までは紙保存が認められることとなりました。本セミナーでは、改正電子帳簿保存法のポイントを解説しながら、「猶予期間」を有効活用し、今から準備できる電子帳簿保存法対策をご紹介します。大幅要件緩和になった紙の電子化を検討されている方も、電子取引データの保存方法を検討されている方も必見の内容です。

日時:2022年2月28日(月)

講師

株式会社大塚商会 統合戦略企画部

岡野 純子

大塚商会のマーケティング本部の中でドキュメントソリューションを担当。一般的なドキュメント管理をはじめ、e-文書法、電子帳簿保存法に精通。多くのお客様、ベンダーとやりとりをしています。

お申し込みはこちら

開催概要

日時
2022年2月28日(月) 16:00〜16:45
会場
オンライン(全国どこでも参加可能)
環境
PCやタブレットなどの端末と、インターネット環境が必要です。
(「Zoom」を利用して配信します)

(注)セキュリティソフトウェアまたは、アンチウイルスソフトウェアのセキュリティ機能によって配信システムの機能が正しく利用できない場合があります。

受講URL
当選されたお客様にメールにてご案内します。
参加費
無料(事前申込制)
お申し込みの注意事項
  • 新型コロナウイルス感染拡大の影響、および感染防止の観点から、やむを得ず配信方法の変更や急きょ配信を中止する場合もございます。ご了承ください。
  • 抽選結果並びに当選者への受講証は、セミナー開催日の2週間前から開催日の前日までに、順次E-mailにて送信させていただきます。
  • お申し込み多数のセミナーにつきましては、抽選とさせていただきますが、さらに一定数以上のご応募があった場合、早期に募集を締め切らせていただく場合がございます。
  • 締め切り日時を過ぎてからのお申し込みにつきましては、受講のご案内を配信できない場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • コンサルタント、同業のお客様のお申し込みはお断りしております。あらかじめご了承ください。
締め切り日
2022年2月22日(火) 13:00まで
主催
株式会社大塚商会
お問い合わせ先
お問い合わせの前に「よくあるご質問」をご確認ください。
よくあるご質問

株式会社大塚商会 オンラインセミナー事務局
E-mail:it-event@otsuka-shokai.co.jp
営業時間 9:00〜17:30(土・日・祝日を除く)

ただいま、受講を受け付けています

お申し込みはこちら

ナビゲーションメニュー