Autodesk Solution Day 2016

Autodesk変革元年。ものづくりを強くする

大塚商会ではオートデスク特別協賛のもと、Autodesk Solution Day 2016を開催する運びとなりました。今回のテーマは「競争力強化実現に向けた設計革新」。製造業においてグローバル規模で競争が激化している中で、そこを勝ち抜くための競争力強化には設計改革が欠かせません。基調講演では株式会社プリベクト様による設計と原価の融合の観点から”強い設計”を実現させる必要条件と、そのための設計改革のアプローチについての解説、またオートデスク株式会社様による、新しいものづくり環境に対応する技術開発への注力や「ものづくりの未来」を考えてのさまざまな角度からの取り組みについてご紹介いただきます。そのほか、実際に3Dデータの活用で競争力強化を実現されているお客様の事例紹介などを中心に、充実した内容でお届けします。ご多忙中とは存じますが、皆様のご来場を心よりお待ちしています。

CAD経営基盤強化・リスク対策営業・業務プロセス効率化コスト削減・売り上げ向上

  • 日時:2016年5月18日(水) 9:00〜17:30
  • 会場:株式会社大塚商会 本社ビル
  • 所在地:東京都千代田区飯田橋2-18-4 地図 (本社)
  • 参加費:無料(事前予約制)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

基調講演

技術力を利益に結びつけるプロフィタブル・デザイン
〜強い設計を実現させる改革アプローチとIT戦略とは〜

9:30〜11:00 【S1】

「技術力はあるのに、利益が出ない」「若手が育たない」「不具合が減らない」多くの企業が抱えており、設計基盤の再構築が急務となっています。設計ナレッジを可視化・体系化した設計改革が欠かせません。設計と原価の融合の観点から”強い設計”を実現させる必要条件と、そのための設計改革のアプローチを解説します。また、ITから業務や意識変革を実現させるために、CAD/PDM/BOMなどの情報システムのあり方について解説します。

講師:株式会社プリベクト 代表取締役 北山 一真 氏

講師:北山 一真 氏のプロフィール

株式会社プリベクト 代表取締役

IT系コンサルティング会社、製造業系コンサルティング会社ディレクターを経て、2010年にプリベクトを設立。競争力ある製品/もうかる製品の実現のため、設計と原価の融合をコンセプトにした企業変革に取り組む。業務改革の企画/実行、IT導入まで一気通貫で企業変革の実現を支援。設計高度化、設計ナレッジマネジメント、製品開発マネジメント、原価企画、原価見積、開発購買、ライフサイクルコスティング、意思決定管理会計、BOM、3DCAD、PLMなどのコンサルティングを手がける。著書に『赤字製品をやめたら、もっと赤字が増えた! ―儲かる製品を実現するコストマネジメント―』(日刊工業新聞社)、『プロフィタブル・デザイン ―iPhoneがもうかる本当の理由―』(日経BP社)。他執筆多数。

基調講演

オートデスク最新情報 The Future of Making Things
〜製造業をとりまく変化と、オートデスクの最新技術および事例からみるものづくりの未来〜

11:00〜11:40 【S1】

製造業を取り巻くさまざまな環境が変わっていく中、オートデスクはクラウドやモバイルを活用したコラボレーティブデザイン、3Dプリント、オープンプラットフォーム、SPARK、次世代材料の設計・解析、従来の最適化形状設計の概念を覆すジェネレーティブデザインなど、さまざまな角度から「ものづくりの未来」を考え、取り組んでいます。また航空機製造大手のエアバス社と共同開発を行うなど、新しいものづくり環境に対応する技術開発に注力しています。本コースではその戦略およびコアとなる技術を、最新事例とともにご紹介します。

講師:オートデスク株式会社 技術営業本部 加藤 久喜 氏

「デジタルプロトタイプ」で生まれた電気三輪自動車
〜あのオート三輪がEVに!?〜

13:00〜13:50 【S2】

20世紀半ばに隆盛を極めたオート三輪が、約半世紀を経て21世紀に温故知新の画期的輸送車両としてリバイバルしました。その電気三輪自動車を開発された日本エレクトライク様による、起業から現在までの物語と、オートデスクが提唱する「デジタルプロトタイプ」を実践され、その「デジタルプロトタイプ」がもたらした効果について、語っていただきます。

講師:株式会社日本エレクトライク チーフビークルエンジニア 田中 清文 氏/オートデスク株式会社 様

CAEがものづくりを強くする
〜設計効率を大幅に向上させる活用法とは?〜

14:00〜14:50 【S3】

コスト削減・工期短縮など厳しい要求が舞い込む設計部署において、効率良く設計を行うためにはCAEを活用することが必須となっています。しかしながら、設計者の方からはCAEに対して「手間がかかる」「難しい」といった声をよく聞きます。オートデスクは「設計者向けCAE」を推進し、設計者の方が手軽にCAEを活用いただける環境をご提供しています。本コースでは、効果的なCAEの活用方法について、お客様の事例を交えてご紹介します。

講師:オートデスク株式会社 技術営業本部 清水 元 氏

Autodesk Inventorを介して連携するデザイナーとエンジニア
遊具開発を革新した3次元設計の新しい形

15:00〜15:50 【S4】

日都産業株式会社は公園遊具の専門メーカーとして、設計開発から設置後のメンテナンスまでご提供しています。最近では、多機能化した「複合遊具」が中心となっており、海外製品の流入や異業種からの参入もあって競争が激化しています。そのため、製品開発においても、大前提の安全性や楽しさはもちろん、より高度なデザイン性やプレゼンにおける見せ方が重要になります。そこで威力を発揮するのがAutodesk Inventorを基盤に据え、密接に連携したデザイナーとエンジニアを開発の両輪とする独自の協力体制です。圧倒的な作業効率と設計品質を両立させ、競争力の強化につなげている当社の取り組みについてご紹介します。

講師:日都産業株式会社 技術部 デザイン課 課長 小林 原生 氏/オートデスク株式会社 様

3Dプリンターがもたらす競争力強化の実現
〜3Dプリンター最新情報とお客様の活用事例をご紹介〜

16:00〜16:50 【S5】

既に3Dプリンターは多くの企業で導入が進んでおります。ただ、その活用法に頭を抱えている企業が多いことも事実です。時代は「造形物を作成する」から「更なる造形物の活用」へ、移り変わろうとしています。本コースでは、Inventorと3Dプリンターの組み合わせで、競争力強化を実現している企業の活用事例を踏まえ、最新の3Dプリンター活用効果をご紹介します。

講師:株式会社大塚商会 製造プロモーション2課 賀屋 元男

展示のご案内

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録