パソコンはこうして乗っ取られる! 実演から学ぶセミナー

ハッカーが情報を手に入れるまでの実演と、その対策

不正アクセスによって情報を抜き取る手口を実演します! ハッカーの視点で、どのように考え、入り込み、情報を手に入れるのか? サイバー攻撃の脅威を感じていただけます。

セキュリティ ITインフラの保守・管理 PC・ソフトウェア管理 経営基盤強化・リスク対策 ネットワーク環境の構築・改善 機密漏えい・外部侵入対策

  • 日時:2017年2月15日(水) 14:00〜17:00 (受付開始 13:30〜)
  • 会場:株式会社大塚商会 本社ビル 3F 301会場
  • 所在地:東京都千代田区飯田橋2-18-4 地図 (本社)
  • 参加費:無料(事前予約制)
  • 定員:30名様

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

14:00〜14:50

パソコンはこうして乗っ取られる! 実演から学ぶセミナー
〜ハッカーが情報を手に入れるまでを実演〜

不正アクセスによって情報を抜き取る手口を実演します! ハッカー側の視点に立ち、どのように考え、入り込み、情報を手に入れるのかをご覧いただき、サイバー攻撃の脅威を感じていただけます。有害トラフィックを使うウイルスを拡散させない出口対策としてウイルスが不正アクセスを行う前に、ネットワークを遮断して被害を未然に防ぐ対策とその効果もご紹介します。

講師:ハンドリームネット株式会社

14:50〜15:20

多層防御によるサイバー攻撃対策

最近の標的型サイバー攻撃は、目的も手法も進化し、攻撃方法を事前に類型化・予測する従来型の対策では防御しきれなくなってきています。今回は最近の攻撃傾向から、従来の対策の盲点と次世代ファイアウォールによる最新のセキュリティ対策についてご紹介します。

講師:株式会社日立ソリューションズ

15:30〜16:00

メールからくる標的型攻撃! そのメール、本当に安全ですか?

業務に必須の電子メールですが、昨今多発する標的型攻撃の始まりはメールが大半です。中でも実行形式の添付ファイルによるマルウェア感染が多く、メールに必要なセキュリティ対策は複雑化する一方です。外部からの標的型攻撃メールと内部からの情報漏えい対策ができる「m-FILTER」をご紹介します。

講師:デジタルアーツ株式会社

16:00〜16:30

ログも取れるIT資産管理ツールでセキュリティ強化

企業を狙った悪意ある標的型攻撃。どのような対策をとられていますか? OSやアプリケーションの脆弱性を狙った攻撃に対し、最も基本的で一番重要な社内のPCを全て把握し、適切な脆弱性への修正プログラムを適用するIT資産管理に加えて今、注目されている操作ログ管理もご紹介します。

講師:クオリティソフト株式会社

16:30〜17:00

質問・相談コーナー

不正アクセスに関して、質問・相談コーナーを設けます。セミナーの内容など、ちょっとした疑問などございましたら、お気軽にご利用ください。

  • (注)お申し込み状況により、お待ちいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録