モノづくり「見える化」セミナー 〜ERPだけでは“現場”は見えない!〜

MES導入により現場の「見える化」を推進します

経営資源情報を統合するERPだけでは現場の効率化は達成できません。「見える化」を推進するためのMES活用手法をご紹介します。

ERP・基幹業務・業務管理 製品の導入・活用支援 業務データの活用

  • 日時:2017年5月17日(水) 13:00〜16:30
  • 会場:株式会社大塚商会 中部支店
  • 所在地:愛知県名古屋市中区丸の内3-23-20 HF桜通ビルディング 地図 (中部支店)
  • 参加費:無料(事前予約制)
  • 締め切り日:2017年5月12日(金) 17:00まで

お申し込みはこちら

セミナーの詳細[体験セミナー]

13:00〜13:20

ご挨拶

株式会社大塚商会

13:20〜14:20

【S01】

製造IoT事例および今後の潮流について

昨今、日本の製造業においてはIoTを活用した製造プロセスの変革に取り組む動きが活発化しています。日本企業の製造現場では従来、製造プロセスの改善活動が活発に行われていましたが、データ収集や、分析に多大な時間を費やすものの、部分的なデータ分析にとどまり、真の原因解析には至っていないのが現状です。さらに、多種多様な設備やIoTデバイスから取得する情報が増大し、現場での管理・運用も困難となってきています。本セミナーでは製造現場で培った経験やノウハウ、また先進技術を融合した課題解決ソリューションをご紹介します。

講師:株式会社ナ・デックス

講師:株式会社大塚商会

14:30〜15:30

【S02】

IoTで“人(作業者)、紙(報告書)、機械設備”の情報を収集
〜i-Reporter&MC-Web CONTROLLER〜

iPadを使用した、デジタル入力と手書きを融合させた、全く新しい「現場」記録・報告・閲覧のスタイルをご提供します。日ごろ使い慣れた紙やExcel帳票が、そのままiPadの電子帳票に。手書き紙帳票の良さを残してそのままデジタル化・ペーパーレス化が可能です。また既存の古いどんな機械設備でもカンタンにIoT化するMC-Web CONTROLLERもご紹介します。

講師:株式会社シムトップス

15:40〜16:30

【S03】

超軽量3Dを活用した設備/装置開発の生産性向上

設備/装置開発の多くの割合を占める立ち上げ(現地デバッグ)が問題です。「動かない」、「壊した」、「納期が間に合わない」、「危険」。このような問題に対して、3Dを活用し品質を向上させることで立ち上げ期間を大幅に削減し、量産ラインの垂直立ち上げを実現するラティス・テクノロジー株式会社のソリューションをご説明します。

講師:ラティス・テクノロジー株式会社

お申し込み前にあらためてご確認ください

日時
2017年5月17日(水) 13:00〜16:30
会場
株式会社大塚商会 中部支店
愛知県名古屋市中区丸の内3-23-20 HF桜通ビルディング
地図 (中部支店)
参加費
無料(事前予約制)
お申し込みの注意事項
  • お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。また、締め切り日より前に締め切らせていただく場合もございます。
  • 同業または競合他社様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。
締め切り日
2017年5月12日(金) 17:00まで
主催
株式会社大塚商会
協賛
株式会社ナ・デックス
株式会社シムトップス
ラティス・テクノロジー株式会社
お問い合わせ先
株式会社大塚商会 中部CADグループ
担当:榎戸・清水    TEL:052-955-3668

ただいま、受講を受け付けています

お申し込みはこちら

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録