CAEサミット

自動化・最適化・CAEなど多種多様なソリューションを一日でご覧いただけます

自動化・最適化ツールをはじめとする各種解析ソフトをご紹介します。一日でこれだけ多くのCAD・CAEセミナーを受講できる機会はそうそうありません。ぜひ参加をご検討ください。

CAD(設計支援ツール) コスト削減・売り上げ向上

  • 日時:2017年7月25日(火) 9:00〜18:00 (受付開始 8:45〜)
  • 会場:株式会社大塚商会 本社ビル 受付3F
  • 所在地:東京都千代田区飯田橋2-18-4 地図 (本社)
  • 参加費:無料(事前予約制)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細[セッションA(会場 302)]

10:30〜11:10

【A1】

聴講型自動化&最適化

「最適化」って何!? 大塚商会が基本からお伝えします

本コースでは、最適化について基本的なところからご紹介します。最近は、トポロジー最適化が話題になっていますが、ご要望によって異なる最適化の手法が適している場合もあります。簡単な事例を基に、活用イメージをお伝えします。

講師:株式会社大塚商会

ご紹介ソフト

11:20〜12:00

【A2】

聴講型最適化

設計にひらめきを与える「SOLIDWORKS」アドイン構造最適化ソフト

日本発のソフト「HiramekiWorks」は、「SOLIDWORKS」上でトポロジー最適化と形状最適化を行う機能を搭載しています。「SOLIDWORKS Simulation」で設定した解析条件を基に極限まで軽量化を考慮した形状や最も適切な強度を考慮したリブの形状などを「SOLIDWORKS」上のソリッドモデルとして得ることができます。設計の強力なツールとなる構造最適化ソフトの効果的な使用方法をご紹介します。

講師:株式会社構造計画研究所

ご紹介ソフト

13:10〜13:50

【A3】

聴講型自動化

効率化の大定番! Excel+3DCADで簡単に始める“テンプレート設計”のご紹介

自動モデリングシステムや自動作図システムなど、“効率化”をうたうCADシステムは多くありますが、どれもハイコストでチャレンジしづらいものです。Excelというおなじみのツールで簡単・手軽に始められる“テンプレート設計”はその問題を解決します。“効率化”のヒントがここにあります!

講師:株式会社大塚商会

ご紹介ソフト

14:00〜14:40

【A4】

聴講型自動化

〜モデリング&設計者CAEを超絶効率化!〜
CATIAモデリングテンプレート&CAEテンプレートのご紹介

流用設計時も一からモデリングされていませんか? 解析の条件設定が面倒だと思っていませんか? CATIAではテンプレートを活用することにより、モデリングおよび設計者CAEの超絶効率化が可能です。日々良く使うコマンドの流れを登録できる「パワーコピー」や、参照部品の置き換えに強い「パブリケーション」などCATIAでしかできない優れた機能をご説明します。またテンプレートの機能はCAEでも活用が可能です。当セミナーでは「CAEテンプレート」という活用例もあわせてご紹介します。

講師:株式会社大塚商会

ご紹介ソフト

14:50〜15:30

【A5】

聴講型自動化&最適化

「SOLIDWORKS」で実現する設計の最適化から、利益を生み出す設計へ

「SOLIDWORKS」は、設計を最適化するための各種のツールを備えています。質量や寸法、近接寸法、コストなどを追跡・監視するセンサー機能、複数の設計パターンを分析するためのデザインスタディ、そして応力や熱、固有振動数を制約条件として自動的に設計を最適化するための最適化スタディなど、多様な設計目標から最適化を可能としています。お客様の成功事例を基に、「SOLIDWORKSで実現する設計の最適化」をご紹介します。

講師:ソリッドワークスジャパン株式会社

ご紹介ソフト

15:40〜16:20

【A6】

聴講型自動化&最適化

熱流体解析の自動化デモと最適化ツールの活用法

現在、熱流体解析は設計者にとって身近な存在になり、広く普及してきています。多くの設計者にシミュレーションを展開するうえでのハードルを下げる手段として、解析作業の自動化があります。本コースでは、ツールの自動化をすることで、どのような効果を得られるかを、簡単な例を用いたデモや事例を交えてご紹介します。また、自動化に加え、最適化ツールを用いることで、得られる結果や知見など、最適化ツールの活用についてもご紹介します。

講師:株式会社ソフトウェアクレイドル

ご紹介ソフト

16:30〜17:10

【A7】

聴講型自動化&最適化

設計プロセスの自動化・最適化の設計者展開

最適設計支援ツール「Optimus」は、さまざまな解析ツールと連携し、設計スピードと品質の向上に大きく貢献します。また、自社最適化ツールとしてカスタマイズすることにより、設計手順の定型化や効率的な設計プロセスの容易な社内展開も実現可能です。楽に導入でき、エンジニアの作業も楽にする最適設計支援ツールの適用効果を自動車業界の事例を通してご紹介します。

講師:サイバネットシステム株式会社

ご紹介ソフト

17:20〜18:00

【A8】

聴講型自動メッシャー

メッシュエラー修正機能を持った高速自動メッシュ作成ソフト

メッシュ生成後の手直しが不要なほど、徹底的にメッシュ品質にこだわったメッシュとそのアッセンブリ化を高速に行うソフトについてご紹介します。インテグラル・テクノロジー株式会社のソフトウェアはHyperMeshの機能を自動制御し、熟練オペレーター並みの品質でメッシュを生成します。インパネ衝突解析用中立面メッシュでは、3〜4時間、ピラー系では1時間以下。テトラメッシングでは、複雑な形状でヤコービアンが負になっても自動修正します。また、シェル、ソリッドモデリングとも、メッシュ品質優先のためのさまざまな形状修正機能を有し、特に衝突解析系で、最小要素長のエラーに威力を発揮します。

講師:インテグラル・テクノロジー株式会社

ご紹介ソフト

セミナーの詳細[セッションB(会場 200)]

13:10〜13:50

【B1】

聴講型ハイエンド複合

CAEを用いたフロントローディングの最前線
〜「ANSYS AIM」を用いた最適設計プロセスのご紹介〜

設計を高度化するために「ANSYS AIM」を用いて実現することをご提案します。AIMは設計を高度化させるために必要な、多機能、統合されたGUI、ワークフロー機能などを有しています。実際にQCD向上のためにAIMを用いた事例を交えてご紹介します。

講師:サイバネットシステム株式会社

ご紹介ソフト

14:00〜14:40

【B2】

聴講型ハイエンド構造

「Abaqus」ハイエンドCAEのご紹介

単純な現象から、マルチフィジックスを含む高度なエンジニアリング事象まで、広範囲な領域をカバーし強力なソリューションをご提供するリアリスティック・シミュレーションツール「Abaqus」。豊富な解析事例、最適化をご紹介します。

講師:株式会社CAEソリューションズ

ご紹介ソフト

14:50〜15:30

【B3】

聴講型ハイエンド構造

効率化に向けた「Femap with NX Nastran」の活用例

「NX Nastran」は、NASAで開発され、40年以上にわたり産業界の第一線で利用されてきた世界最高水準の汎用構造解析プログラムです。このプログラムを、ドイツSiemens社のFemap製品にバンドルしWindowsベースのソリューションとしてご利用いただけるのが「Femap with NX Nastran」です。今回は「振動」のほかに、「梁状の部品」「板金部品」「大規模モデル」のキーワードをメインに活用例をご紹介します。

講師:株式会社CAEソリューションズ

ご紹介ソフト

15:40〜16:20

【B4】

聴講型ハイエンド複合

「COMSOL」でシミュレーションしてみよう!
〜マルチフィジックス(連成)解析に対する柔軟性とソフトウェアのオープン性〜

「COMSOL Multiphysics」はさまざまな物理現象を無制限・強連成解析できる有限要素法(FEM)ベースの汎用物理シミュレーションソフトウェアです(構造・熱流体・電磁場など)。オープンで柔軟なモデル化が可能で、物理モデルや方程式をカスタマイズすることができ、また「Application Builder」で機能とGUIをカスタマイズすると、社内のさまざまな部署で活用できます。オプションの「COMSOL Server」は業界初の機能で、iPadを端末にしてゲーム感覚で3Dビューやパラメーター変更、再計算ができます。

講師:計測エンジニアリングシステム株式会社

ご紹介ソフト

16:30〜17:10

【B5】

聴講型流体(紛体)

世界初「SOLIDWORKS」アドイン粉体・混相流解析ソフト「iGRAF」のご紹介

「iGRAF(Integrated Granular Flow)」は、粉体解析として初めて「SOLIDWORKS」にアドインしており、敷居が高いと思われがちな粉体と混相流の解析を設計者が容易に実施できるように開発しました。また、「iGRAF」は、粉体単相流だけでなく、粉体気体の二相流(流動層・サイクロンなど)の解析や、粉体気体液体の三相流(塗布・汚泥など)の解析に対応しています。本コースでは、「iGRAF」の解析機能と適用事例をご説明し、デモンストレーションも実施します。

講師:株式会社構造計画研究所

ご紹介ソフト

17:20〜18:00

【B6】

聴講型ハイエンド流体

流体解析にかかる時間を一桁短縮させます

NUMECAジャパン株式会社の汎用自動メッシャー「HEXPRESS/Hybrid」を使用すると、どのような複雑な形状でも、CADクリーニング+メッシュ作成が完全自動で実施でき、エンジニアの工数を劇的に減らすことができます。また、ターボ機械解析のデファクトスタンダードである「FINE/Turbo」を用いたターボチャージャーの解析事例についてもご紹介します。

講師:NUMECAジャパン株式会社

ご紹介ソフト

セミナーの詳細[セッションC(会場 301)]

09:00〜10:25

【C1】

聴講+体験型CAD&構造

検証を見すえた3D設計環境を構築! 「SOLIDWORKS Premium」活用セミナー

「SOLIDWORKS」は、優れたパフォーマンスと世界最大級のユーザーコミュニティを持ち、製品開発期間の短縮に貢献します。本コースでは、「SOLIDWORKS」のご紹介および部品作成からアセンブリ、図面作成や強度解析を含め、3D設計のメリットを存分に感じていただけます。

講師:株式会社大塚商会

使用ソフト

10:40〜12:10

【C2】

聴講+体験型CAD&構造

3Dデータを設計検証で解析に活用! 「Autodesk Inventor Professional」活用セミナー

3DCADで3Dモデルを作成するだけでは宝の持ち腐れです。本コースでは、設計検証において3Dデータを解析に活用し効果を上げている成功ストーリーをご紹介します。また、実際にモデル作成〜アセンブリ〜図面作成〜静解析を行い、「Autodesk Inventor」の優れた操作性と、設計検証の流れをご体験いただきます。

講師:株式会社大塚商会

使用ソフト

13:10〜14:30

【C3】

聴講+体験型熱流体

競合他社との競争力UPに熱流体解析を活用!

熱流体解析は難しいと思っていませんか? 熱流体解析をうまく活用することで、試作前に複数の設計案を検証できます。本コースでは、電子筐体のサンプルモデルについて、「SOLIDWORKS Flow Simulation」による熱流体解析を実際にご体験いただきます。

講師:株式会社構造計画研究所

使用ソフト

14:50〜15:50

【C4】

聴講+体験型樹脂流動

SOLIDWORKS Plasticsを活用した成形不良の改善

ウェルドライン、ショートショット、反り、ヒケといった成形不良でお困りではありませんか? 本コースでは「SOLIDWORKS Plastics」を活用した成形不良の検証、および改善について実機にてご体験いただけます。プラスチック射出成形に携わる製品設計者様、金型・成形技術者様におすすめです。

講師:株式会社大塚商会

使用ソフト

16:00〜17:10

【C5】

聴講+体験型構造

応力解析だけじゃ物足りない! 伝熱&振動解析活用セミナー

構造解析では、応力解析以外にもさまざまな検証が行えます。本コースでは簡単な基盤を例題とし、応力、熱伝導、振動(固有値)といった3種類の解析を活用した検証フローを体験いただきます。「SOLIDWORKS Simulation Professional」を使用することで、複数の解析について検討できます。

講師:株式会社大塚商会

使用ソフト

個別デモンストレーションのご案内

10:00〜18:00

解析個別デモ

3DCADや解析導入に関して、ご相談承ります! お客様のご希望に合わせて、個別にデモ(約60分)を実施します。お申し込みの際にソフトのご希望をお知らせください。

  • 3DCAD
  • 構造解析
  • 熱流体解析
  • 樹脂流動解析
  • 自動化
  • 最適化
  • その他

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録