緊急開催! 改正個人情報保護法対策セミナー in 横浜

管理者の実務ポイントやセキュリティガイドラインを分かりやすく解説

世界的なサイバー攻撃のニュースが頻繁に報道される中、10年ぶりに個人情報保護法が改正されました。対策に有益なソリューションをまとめてご紹介します。

セキュリティ 経営基盤強化・リスク対策 機密漏えい・外部侵入対策

  • 日時:2017年9月22日(金) 13:00〜17:45 (受付開始 12:30〜)
  • 会場:株式会社大塚商会 神奈川営業部
  • 所在地:神奈川県横浜市神奈川区金港町3-3 大塚商会横浜ビル 4F 地図 (神奈川営業部)
  • 参加費:無料(事前予約制)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーのご案内

13:00〜14:00

【S11】

改正個人情報保護法の実務ポイント
〜あなたの会社は大丈夫ですか?〜

改正個人情報保護法の施行により、全ての事業者が個人情報保護法にのっとって、個人情報を適切に扱うことが求められるようになりました。改正法への対応として、ルール作成、教育・周知・個人情報の管理方法など、対策をどのように進めていけばよいか、自社の対応に不備がないかなど、担当者として知っておかなければならない事項を実務に落とし込み、漏えいリスクを減らし、短期間で対応するためのポイントを解説します。

講師:株式会社ブレインコンサルティングオフィス 北條 孝枝

北條 孝枝 氏 プロフィール

会計事務所で長年にわたり、給与計算・年末調整業務に従事。また、社会保険労務士として数多くの企業の労務管理に携わる。情報セキュリティ、マイナンバー、メンタルヘルス対策についての造詣も深く、近年は実務担当者の目線で、企業の各個人情報管理の社内整備や運用の最適化について取り組み、企業実務に即した対応に関する講演も多数行っている。

【資格】
社会保険労務士、メンタルヘルス法務主任者、情報セキュリティマネジメント試験合格者

14:15〜15:15

【S12】

セキュリティと働き方改革を両立するWindows 10で必要な対策方法はこれだ!

個人情報保護観点では、端末は持ち出さない、不適切な日時に使わせないことが重要です。この観点とは正反対に、「どこでもお仕事」から効率化を図る働き方改革では端末は持ち出しが多く、いつでも使える状態となっています。このように相反する要件がある中、新しい要素として、Windows 10の端末管理も考慮しておくことが2017年度のIT検討では重要となります。本セミナーでは、Windows 10で行うことができるセキュリティ対策からアップデート管理、新たに登場した「月額版Windows 10(Microsoft 365 E5/E3/Business)」までご紹介します。

講師:株式会社大塚商会 共通基盤Webサービスプロモーション部 クラウドインフラプロモーション課

15:30〜16:30

【S13】

備えあれば憂いなしのセキュリティ対策
〜ランサムウェア・標的型攻撃対策のポイントは「気づき」〜

依然、猛威を振るっているランサムウェア。でも、脅威はランサムウェアだけではありません。標的型攻撃など手を変え品を変え続く脅威の特徴は、攻撃に「気づかない」こと。被害を拡大させないため、どうすれば「気づける」ようになるか? その対策方法をご説明します。

講師:株式会社大塚商会 共通基盤NW・セキュリティプロモーション部 セキュリティプロモーション1課 宇田川 正伸

16:45〜17:45

【S14】

今求められる情報漏えい対策
〜個人情報保護法の改正と不正競争防止法〜

個人情報保護法の改正により、個人情報の取扱件数5,000件以下の事業者も規制対象となります。また、個人情報の活用のためデータを匿名化し、活用することも推進されています。本セミナーでは、「社内の個人情報がどのように利用されているのか?」「営業秘密がどのように管理されているか」などを「見える化」し、情報漏えい対策を行う方法をご紹介します。

講師:Sky株式会社

13:00〜14:00

【S21】

働き方改革時代におさえるべきセキュリティ対策

働き方改革や個人情報保護法の改正、モバイル端末の増加など、ITを取り巻く環境は大きく変化しています。その背景でランサムウェアの流行や、標的型攻撃の巧妙化など、サイバー攻撃の脅威は日々大きくなっています。本セミナーでは今後働き方改革を実現するにあたり課題となる端末管理を中心に、おさえておくべきセキュリティ対策をご紹介します。

講師:クオリティソフト株式会社 営業本部 営業推進部 薮内 智志

14:15〜15:15

【S22】

世界的なサイバーテロ勃発!
今、企業・組織が取るべき対処方法とは!?
ランサムウェアから自社を守るためのセキュリティ強化のすすめ

今、まさに日本は、サイバーテロの標的にされています。今まで感染しないと思われていた工場や倉庫などでマルウェア感染による操業停止事故、金銭を巻き上げるランサムウェアの国内でのまん延、もうサイバーテロは人ごとではありません。そのような状況下で企業・組織が行わないといけない対策とは何でしょうか? 本セミナーでは、そのポイントをセキュリティの専門家より、分かりやすく解説します。

講師:トレンドマイクロ株式会社 広域営業本部 首都圏営業グループ 杉本 真理

15:30〜16:30

【S23】

危機管理のさしすせそ
〜身近に潜むセキュリティ事故〜

2017年5月30日に改正個人情報保護法が施行され、ほぼ全ての事業者が個人情報保護法の対象になりました。2020年7月には東京オリンピックが開催され、日本企業はハッカー集団(攻撃者)の標的になるといわれています。セキュリティ対策を講じるようにと言われても、結局何をどこまで対策していいか分からない。そんなお困りを解決します!

講師:株式会社大塚商会 共通基盤NW・セキュリティプロモーション部 セキュリティプロモーション2課 延下 悟志

16:45〜17:45

【S24】

安全管理措置強化のための「エンドポイントセキュリティ対策」

2017年5月30日に全面施行となった改正個人情報保護法。ビッグデータ化によるパーソナルデータ利活用が促進される一方で、個人情報をより安全に管理することが求められています。本セミナーでは、企業の重要な情報が内外問わずさまざまな漏えいのリスクにさらされている中、AI・機械学習を活用した、全く新しいアプローチで重要な情報を守る「LanScope Cat」をご紹介します。

講師:エムオーテックス株式会社

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録