介護・福祉ITフォーラム 〜職場環境をもっと快適に!〜

介護業界の職場環境をより快適にするための対応策をご提案します!

介護業界が直面している課題への対応策と今後の予測、課題解決ソリューションをご提案します。

経営基盤強化・リスク対策 営業・業務プロセス効率化 社員育成・人材開発

  • 日時:2017年11月21日(火) 13:00〜17:00 (受付開始 12:30〜)
  • 会場:株式会社大塚商会 関西支社
  • 所在地:大阪府大阪市福島区福島6-14-1 大塚梅田ビル 5階 地図 (関西支社)
  • 参加費:無料(事前予約制)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーのご案内

13:00〜14:10

【A01】

特別講演

生き残るデイサービスの体制強化策はこれ

これからも地域の方から選ばれるデイサービスとなるために、来年度の介護報酬改定を踏まえ、適切な準備ができるように、今から「やるべき事」を整理しましょう。今回の改定では、デイサービスに関して、専門職を活用したさらなるリハビリ強化型、医療が必要な重度者の方を受け入れる介護医療連携型、認知症の利用者を長時間受け入れる認知症長時間型など、いくつかのモデルが提案されています。そのモデルの特徴と、自社で実施する場合、どのような対策が必要になるのか? 注意点などについて解説します。

講師:橋谷社会保険労務士事務所/スクナクリエイト 代表 橋谷 創

橋谷 創 氏 プロフィール

北海道大学理学部卒業。社会保険労務士、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士。医療法人の本部で、独自の階層別研修、人事制度を開発運営し、離職率を33%から5%に激減させた実績を持つ。介護の現場をクリエイティブなものにしたいという想いから、2016年に独立。次世代の介護職リーダーの育成、現場職員が喜んで働ける介護施設運営サポート、経営者の悩みを解消するコンサルティングを提供。日本法令、開業社会保険労務士専門誌SR『介護職員処遇改善加算の29年度の変更点と提案ポイント』の記事を提供。日総研、地域包括ケアを担うケアマネ&相談員『要支援I IIの利用者へのサービスの実践とマネジメント』の記事を提供。

14:30〜15:30

【A02】

介護経営セミナー 医療・介護ダブル改定がやってくる

介護業界のトレンドと今後の予測
〜2018年ダブル改定を踏まえて〜

介護事業者の動向や現在の高齢者マーケットを踏まえながら、2018年の診療報酬・介護報酬ダブル改定に向け、事業者にはどのような対策が必要となるのか検討します。

講師:株式会社高齢者住宅新聞社 取締役 大阪支局長 西岡 一紀

西岡 一紀 氏 プロフィール

人材サービス会社などを経て、1998年亀岡大郎取材班グループに入社。オフィスビル業界紙、賃貸住宅業界紙の記者として、全国のビルオーナー、不動産会社、不動産ファンド運営事業者、高齢者住宅分野などを取材するとともに講演活動などを行う。2006年、高齢者住宅新聞を創刊し発行人となる。翌年の法人化に伴い取締役に就任。2017年4月大阪支局開設に伴い、支局長として大阪に赴任。

15:50〜16:50

【A03】

介護経営セミナー 医療・介護IoT活用で業務効率化

見守りから記録作成まで一気通貫で対応!
見守り(非接触バイタルセンサー)のご紹介

実際の介護現場で使用されている見守りシステムを、現場の声を交えてご紹介します。最先端の介護向けIoTテクノロジーが介護現場の自動化と省力化を実現しています。ベッドやトイレを非接触バイタルセンサーや人感センサーでプライバシーに配慮しながら確実に見守ります。ブルーオーシャンノートと連携するので、簡単に業務記録が入力できます。居室や館内のセンサー情報は自動で入力されます。介護IoT活用をご検討の皆様、ぜひご参加ください。

講師:株式会社ブルーオーシャンシステム ビジネスプロモーショングループ ディレクター 沖本 崇

展示のご案内

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録