AIで断つ! ランサムウェアの脅威「Cylance」&「Symantec.cloud」

未知の脅威・標的型攻撃を多層防御!

昨今の情報漏えい事故の原因の多くは標的型攻撃によるものです。「未知の脅威を検知する人工知能エンジン」、安全なWeb通信・安全なメール受信を実現した「i-FILTER」・「m-FILTER」をご紹介します。

セキュリティ 機密漏えい・外部侵入対策

  • 日時:2017年12月14日(木) 14:30〜17:00 (受付開始 14:00〜)
  • 会場:KM西梅田ビル 9F 株式会社大塚商会 セミナールーム
  • 所在地:大阪府大阪市福島区福島7-20-1(1FがBMWのショールームになっています。) 地図 (KM西梅田ビル)
  • 参加費:無料(事前予約制)
  • 定員:30名様

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

14:30〜15:20

AIで断つ! ランサムウェアの脅威 〜「Cylance」〜

2017年5月12日より「WannaCry」と呼ばれるランサムウェアが世界的に猛威をふるい、日本でも多くの被害発生が報道されました。なぜ、ランサムウェア被害が増加しているのでしょうか? 本セミナーでは、その背景をひもとき、PCをランサムウェアから守るために必要な対策を従来アンチウイルスと新しいAIアンチウイルス「プロテクトキャット Powered by Cylance」の違いを交えてご紹介します。

講師

エムオーテックス株式会社

15:30〜16:15

AIで断つ! ランサムウェアの脅威 〜「Symantec.cloud」〜

「WannaCry」だけでなく、「Ransomware-as-a-Service」というサービスまであり、今後も被害増加が予測されるランサムウェア。主な感染経路であるメールに対し、「Skeptic」と呼ぶ学習型人工知能エンジンを搭載する「Symantec.cloud」での対策をご紹介します。

講師

株式会社シマンテック

16:15〜17:00

標的型攻撃を標的にする!
〜安全なサイトにしか“つながらない”仕組みとは?〜

Webとメールからのマルウェア感染やデータ流出対策がより強固になり、多層防御対策費用や従業員の教育費用の削減が実現可能です。安全なURLにしか通信させない「i-FILTER Ver.10」、安全なメールしか受け付けない「m-FILTER Ver.5」。誰も実現できなかったこれらのソリューションを、どのような仕組みで実現するのかをご紹介します。

講師

デジタルアーツ株式会社

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録