ネットワークの可視化とウイルス感染拡散防止で社内セキュリティ強度UP!

今やっておきたいサイバー攻撃対策

ネットワークトラブルに有効なネットワーク可視化や、ランサムウェアや新種のウイルスに感染しても社内の二次被害を防ぐ対策などセキュリティ強化策をご紹介します。

セキュリティ PC・ソフトウェア管理 機密漏えい・外部侵入対策

  • 日時:2018年2月19日(月) 14:15〜17:00 (受付開始 13:45〜)
  • 会場:株式会社大塚商会 本社ビル 3F 301会場
  • 所在地:東京都千代田区飯田橋2-18-4 地図 (本社)
  • 参加費:無料(事前予約制)
  • 定員:30名様

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

14:15〜15:05

ネットワークの可視化とウイルス感染拡散防止で社内セキュリティ強度UP!

日々進化しているサイバー攻撃…。もはや100%侵入を防ぐことはできません。ランサムウェアや新種のウイルスに感染しても、社内の二次被害を水際で阻止する機能を備えた、世界初のL2セキュリティスイッチ「SubGate」による企業LAN対策をご紹介します。

講師

ハンドリームネット株式会社

15:15〜15:55

AIで捕獲する新方式のマルウェア対策

多くの企業でランサムウェアなどの被害が発生し、従来の対策では防ぐことが難しい状況です。新たなマルウェア対策として「AI(人工知能)」をエンジンとしたAIアンチウイルスである「プロテクトキャット Powered by Cylance」の仕組みと製品のデモンストレーションより有効性を確認いただきながら、最新の競合製品との違いもご紹介します。

講師

エムオーテックス株式会社

16:00〜16:30

多層防御によるサイバー攻撃対策

ランサムウェアをはじめ、最近の標的型サイバー攻撃は、目的も手法も進化し、攻撃方法を事前に類型化・予測する従来型の対策では防御しきれなくなってきています。最近の攻撃傾向から、従来の対策の盲点と次世代ファイアウォールによる最新のセキュリティ対策についてご紹介します。

講師

株式会社日立ソリューションズ

16:30〜17:00

標的型攻撃を標的にする!
〜バージョンアップした二つの製品が誰も叶えられなかったセキュリティを叶えます〜

Webとメールからのマルウェア感染やデータ流出対策がより強固になり、多層防御対策費用や従業員の教育費用の削減が実現可能です。安全なメールしか受け付けない「m-FILTER Ver.5」、安全なURLにしか通信させない「i-FILTER Ver.10」。誰も実現できなかったこれらのソリューションを、どのような仕組みで実現するのかをご紹介します。

講師

デジタルアーツ株式会社

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録