Autodesk Solution Day 2019 in Sendai

既存2次元資産の有効活用と3次元の効果的な活用で「働き方改革」をお手伝いします

2次元設計のデファクトスタンダードである「AutoCAD」、それを提供するオートデスク社より既存2次元資産(DWG)の有効活用と3次元設計によるQCD向上実現をご紹介します。

CAD(設計支援ツール)製品の導入・活用支援コンサルティング

  • 日時:2019年5月16日(木) 13:00〜17:30 (受付開始 12:30〜)
  • 会場:株式会社大塚商会 仙台支店
  • 所在地:宮城県仙台市宮城野区名掛丁205-1 広瀬通SEビル9F 地図 (仙台支店)
  • 参加費:無料(事前予約制)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーのご案内

13:00〜13:50

【S1】

「AutoCAD」「AutoCAD LT」「AutoCAD Mechanical」ユーザー様必見!
2次元資産を活用し、簡単に3次元設計ができる方法

2次元データを活用した効率的な3次元化を簡単に行うためのワークフローをご紹介すると共に、メリットとして干渉確認や効率的な作図業務など、2次元ユーザー様が持つ課題でもある「干渉確認」、「重量、重心位置」や「効率的な作図業務」などを中心に設計業務の効率化とミス低減についての手段をご紹介します。

講師

オートデスク株式会社

14:00〜14:50

【S2】

ルーティンワークの省力化! テンプレート設計で働き方改革を実現!

3次元CADの導入で目指す効果に、「設計品質の向上」や「リードタイムの短縮」などが挙げられますが、設計者の負荷が増え、メリットを活かせていないケースがあります。本セミナーでは標準化や自動化といったシステム構築、ルールベースでの運用による「ルーティンワークの省力化」「多様化する顧客ニーズへの対応」「流用設計推進」を実現するための設計手法をご紹介します。

講師

オートデスク株式会社

15:00〜15:50

【S3】

製造業のお客様のための革新的なコレクション
「Autodesk Product Design & Manufacturing Collection」のご紹介

オートデスクは「デザイン」「基本設計および詳細設計」「ビジュアライゼーション」「解析」「CAM」「データ管理」「工場レイアウト設計」といった製造業に不可欠なテクノロジーを一つのパッケージとして「Autodesk Product Design & Manufacturing Collection」を発表しました。本セミナーではCAD以外のテクノロジーがどのように活用できるのかをそれぞれご紹介します。

講師

オートデスク株式会社

16:00〜17:30

【T1】

実機操作あり

「Autodesk Inventor Professional」体験
〜部品作成、アセンブリ、図面化、強度解析まで一挙紹介〜

2D3D融合設計向けアプリケーション「Autodesk Inventor Professional」にて、パーツ作成、アセンブリ、図面化の基本操作を実機を使って体験いただけます。またパラメーターによる最適化と強力になったInventor構造解析。CAD完全アドイン型ですので、ストレスなくできる解析作業もあわせて、実機を使って体験いただけます。

講師

株式会社大塚商会

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録