Autodesk Manufacturing Solution Day 2019 in 東京

新たな取り組みを始めるお客様をご支援します

働き方改革をご支援するAutodeskのソリューションをご紹介します。お客様の活用事例やリアリティのある市場動向など、「ここでしか聞けない」情報をお届けします。

CAD(設計支援ツール)営業・業務プロセス効率化

  • 日時:2019年5月22日(水) 10:20〜18:00 (受付開始 10:00〜)
  • 会場:株式会社大塚商会 本社ビル
  • 所在地:東京都千代田区飯田橋2-18-4 地図 (本社)
  • 参加費:無料(事前予約制)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーのご案内[ROOM 301]

10:20〜10:50

【A01】

プラント業界向け3Dデータ活用のご紹介

3DCADのメリットはモデルの可視化だけではありません。配管設計、プロセス設計の効率化、効果的なプレゼンテーションやデザインレビュー、これらのさまざまな業務を支援する「AutoCAD Plant 3D」と、プラント業界での3Dデータ活用法をご紹介します。

講師

オートデスク株式会社 技術営業本部 テクニカルセールススペシャリスト

清水 元

11:00〜12:00

【A02】

「AutoCAD Plant 3D」や3Dレーザースキャナーを活用したプラント業界における業務プロセスの効率化

プラントシステムはハイエンドなCADが多い中、「AutoCAD Plant 3D」は安価かつ比較的容易に活用することができるシステムです。本セミナーでは「AutoCAD Plant 3D」の活用についてご紹介しつつ、3Dスキャナーや多機能ビューアーソフトの「Navisworks」などを使用して、業務プロセスを効率化している事例をご紹介します。

講師

東芝プラントシステム株式会社 産業システム事業部 総合設備技術部 生産技術グループ 機械系施工管理主査

岩田 章裕

13:00〜14:20

【A03】

「今、我々の世代が先代としてやるべきこと」

日本の製造業を築き上げてきた先代の方々の知恵と技術、設計のプロセス、モノを造る工程とノウハウ。各企業で、これらの技術継承を我々の世代が現状の環境で作り上げています。この先、10年、20年先のエンジニアたちへ、我々が先代として何を残すべきなのか。その一つに、日々、進化を続けるIT環境での設計プロセスの改革があります。PLMとPDMなどの造語でなく、図面を書いてモノを製造するプロセスでの道具の使い方、手書き図面から2DCADへ移行した我々が、次世代へ3DCADの環境は必要ないとは言えないのが本音です。ここの2Dから3Dへの移行の必要性と、何を目的に3D化するのか、次世代へ我々が何を残すべきなのかを事例を交えて、お話しします。

  • * 講演は50分〜60分を予定しています。その後、質疑応答のお時間を設けさせていただきます。
講師

新潟原動機株式会社 技術センター・プラントエンジニアリンググループ 製作・施工設計チーム

福岡 和彦

14:30〜15:20

【A04】

「Autodesk Inventor 2020」新機能のご紹介!
〜あわせて2016から2019の新機能ダイジェストをお送りします〜

「Autodesk Inventor 2020」がついにリリースとなりました。今回のバージョンアップでは、Inventorユーザー様の改善要望を取り込む「Inventor Ideas」へ寄せられたご意見、ご要望についても改善を行っています。本セミナーでは「Autodesk Inventor 2020」の新機能を中心に、2016から2019の新機能も含めてご紹介します。

講師

株式会社大塚商会 たよれーるCADサポートセンター

石川 雅夫

15:30〜16:20

【A05】

約20のツールとサービスが含まれているAutodeskのコレクションが製造業のお客様のお役に立てること

Autodeskの「Product Design & Manufacturing Collection」は3DCAD、CAE、CAM、CG、工場レイアウト検討、2次元CAD(機械設計・電気設計)オンラインストレージ、そのほかにも数々のツールやサービスが含まれています。またBIMへの取り組みや、お客様の働き方改革を実現する自動設計などの取り組みもご支援します。本セミナーでは「Product Design & Manufacturing Collection」に含まれる製品のご紹介と、その活用シーンについてご紹介します。

講師

オートデスク株式会社 技術営業本部 テクニカルセールススペシャリスト

清水 元

16:30〜18:00

【A06】

急速にデジタル化が進展する建設分野へ製造系CADからの価値創造

建設業界は、従来の設計製図用2次元CADからBIM(ビルディングインフォメーションモデリング)といわれる3次元モデルにコストや仕上げ、管理情報などの属性情報を追加したデータベースを活用した設計手法に変化しています。今後、BIMツールを使用した新しいワークフローを導入した建設プロジェクトは一般化されこのBIMを活用したプロジェクトに関わる企業への発注要件としてBIMデータの納品が求められます。本セミナーでは、建設業のBIMのキーマンに登壇いただき、BIMとは何か、BIMデータの作成について、そして、BIMデータをクラウドで管理し、インターネットを通して世界中に配信するデジタルマーケティングツールとして活用する方法をご紹介します。

講師

株式会社 日本設計 プロジェクト管理部 BIM室 環境・設備設計群 主管

吉原 和正

講師

BIMobject Japan株式会社 プロジェクトマネージャー

能勢 平太郎

講師

株式会社大塚商会 アプリケーションスペシャリスト

石橋 紀幸

展示のご案内

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録