Business Innovation Fair 2019 in 京葉

2020年に向けて今年やるべき7つの課題の対策を展示

7つの課題を解決するRPA・働き方改革・契約書の電子化・勤怠管理ソリューションを中心に、セミナー・展示会を開催します。ぜひ、ご来場ください。

ERP・基幹業務・業務管理RPA営業・業務プロセス効率化

  • 日時:2019年9月19日(木) 9:30〜18:00
  • 会場:株式会社大塚商会 京葉営業部
  • 所在地:千葉県船橋市葛飾町2-340 フロントンビル 地図 (京葉営業部)
  • 参加費:無料(事前予約制)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

ご来場者プレゼントのご案内

京葉営業部のお客様の日ごろのご愛顧に感謝しまして、簡単なアンケートにお答えいただくだけでご来場者全員に「TANOSEE OAクリーナー 5点セット」をプレゼントします。たくさんのお客様のご来場をお待ちしています。

スタンプラリーのご案内

当日、フェア会場にて豪華景品が当たる「スタンプラリー」を開催します! ぜひご参加ください!

働き方改革セミナーのご案内

10:00〜11:00

【A11】

定型業務の多いお客様必見!
生産性向上を後押しするNECのRPAソリューション!

定型化された業務を自動化するRPAを活用することで単純作業から、より付加価値の高い作業に時間を割くことができます。本コースではRPAの基本から、NECのRPAソリューション「NEC Software Robot Solution」の事例やデモンストレーションを交えて詳しくご紹介します。

講師

日本電気株式会社

11:30〜12:30

【A12】

働き方改革関連法施行
法対応と同時に業務効率化を進める実務のポイントを徹底解説

2019年4月に施行された働き方改革関連法により、長時間労働削減や業務内容に応じた均等均衡待遇の義務化だけでなく、有給休暇管理簿作成・残業させる場合の手続きを36協定に明記など、労務管理が複雑になりました。法対応しながら、業務改善、業務効率化を図るためのポイントを解説します。

講師

KS人事労務 社会保険労務士

小嶋 かつら

13:30〜14:30

【A13】

元労働基準監督官が解説!
労基署がやってくる!「適切な臨検監督対応はこれだ」

2019年4月に改正労働基準法が施行されました。法制定以来の70年ぶりといわれる大改正により、労働基準監督署が行っている「臨検監督」による調査・指導はより一層厳しさを増すことが予想され、企業においては万全の対策が求められるところです。本コースでは、実際に調査指導や司法処分に携わってきた元労働基準監督官の特定社会保険労務士が、臨検監督の概要や対象事業場の選定方法などを解説すると共に、法改正に伴う労基署対策の最重要ポイントをお伝えします。

講師

社会保険労務士事務所しのはら労働コンサルタント 代表
元労働基準監督官

篠原 宏治

15:00〜16:00

【A14】

紙と印紙はもう不要!
国内No.1(注1)電子契約サービス「クラウドサイン」のご紹介

契約作業に時間とコストをかけていませんか? 実はその作業、大幅に削減することができます。クラウドサインは50,000社以上が導入する国内No.1(※)電子契約サービスです。契約の締結、保管、管理がWeb上で可能となり、契約に関わる工数、印紙代削減を実現します。本コースでは、「クラウドサイン」を活用した実務対応・ 既に対応を開始している企業が得ている効果の事例を交えてご紹介します。

  • (注1)電子契約サービス主要12社において、有償・無償を含む発注者側ベースでの利用登録社数
    株式会社矢野経済研究所調べ(2018年8月末現在)
講師

弁護士ドットコム株式会社 クラウドサイン事業部

関根 光彩

16:30〜17:30

【A15】

「勤怠管理」の取り組みの必要性と効果的な実践方法につきまして

2019年度より「働き方改革関連法」が施行され、勤怠管理の重要性がうたわれています。社会保険労務士の目線による、経営者としての勤怠管理の必要性や重要性をご案内します。今までの出勤簿やタイムカードで管理する方法ではリアルタイムで状況の確認ができず、気がついたときには法律違反をしている可能性が大いに高まります。本コースでは「勤革時」の効率的な打刻方法(タイムカードではない勤怠の打刻)、勤怠状況や残業状況の正確かつ迅速な把握、勤怠データと給与計算までのシームレスな連携を中心に事例を交え、流れをお伝えします。

講師

日本電気株式会社

CADセミナーのご案内

10:00〜11:00

【B11】

Going 3D
〜2次元設計環境からの脱却方法とその効果は?〜

この数年、数多くの設計者が2次元CADから3次元CADにツールをシフトしています。この背景としては、3次元CADで受けるメリットが数多くあるということがあります。これまで2次元CADでは表現が難しかった奥行き方向の干渉チェックや設計検証、さらにはバーチャル試作を3次元CADで実現することができます。また、後工程で発生しがちな加工の妥当性や強度問題、アセンブリの不具合などによって発生する手戻りを設計段階で事前にキャッチし、このような問題を事前に検証しフロントローディングを実現するには3次元CADの運用が一番の近道となります。本コースでは、2次元設計環境からの脱却方法と3次元CADのメリットを分かりやすくご紹介します。

講師

ソリッドワークス・ジャパン株式会社

11:15〜12:30

【B12】

体験

SOLIDWORKS体験セミナー

世界で数多くの導入実績。優れた操作性を有する3次元設計ツールSOLIDWORKSは、日本における3次元CAD市場においても多数のシェアを誇り、実に50%以上のユーザーにSOLIDWORKSが選ばれ、業界屈指の機能と直感的な操作性により、製品開発サイクルの短縮に貢献しています。本コースではモデル作成からアセンブリ、図面作成の流れを通じて、SOLIDWORKSの優れた操作性を体験していただきます。

講師

株式会社大塚商会 京葉CADグループ

13:30〜14:30

【B13】

「SOLIDWORKS」を効果的に使いこなす!
〜構造&熱流体&樹脂流動 解析編〜

「SOLIDWORKS」にはCADと同一画面で操作できるさまざまな解析ソフトがそろっています。本コースでは、各ソフトで活用可能な解析機能をご紹介します。また、解析ソフトをうまく活用するポイントや、導入にあたっての課題と大塚商会の支援サービスをご紹介します。お困りごとを解決する大塚商会独自のカスタマイズサービスも必見です。

講師

株式会社大塚商会 解析プロモーション課

14:45〜16:15

【B14】

体験

実験とCAE「骨組み構造を目で見て体験!」
構造解析編

3Dデータを有効活用する手段として構造物の解析シミュレーションがあります。本コースでは、骨組み構造に力を加えたらどのような「変形」が引き起こるのかを予測し、実験を行いながら、その現象をシミュレーションでどう再現するかをご体験いただきます。解析結果と実験結果は果たして同じように「変形」するのか? 皆様と意見交換をしながら理解を深めていきます。

  • * 解析ソフトはSOLIDWORKS Simulationを使用します。
講師

株式会社大塚商会 解析プロモーション課

相談会のご案内

09:30〜18:00

同時開催

消費税増税(軽減税率)対策相談会

会場では、「消費税増税(軽減税率)対策相談会」を同時開催します。この機会にぜひご相談ください。

  • * 事前のお申し込み受付は行っていませんので、ご希望の方は会場で直接お申し付けください。

展示会のご案内

[展示]働き方改革関連法の施行

[展示]Windows 7 サポート終了

[展示]輻輳(ふくそう)対策 インターネットの速度低下・つながりにくいを解決!

[展示]元号変更・消費税増税(軽減税率)

[展示]サイバー攻撃対策

[展示]BCP策定推進

[展示]蛍光灯や水銀灯がなくなる

[展示]最新ハードウェア

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録