Autodesk BIM Solution Day 2019 in 札幌

BIMは次のステージへ!

建設業においてBIMはどう働き方改革につながるのか、事例をご紹介します。また、効率を上げるためのツール紹介から、そのヒントと実践をご紹介します。

CAD(設計支援ツール) 営業・業務プロセス効率化

  • 日時:2019年10月11日(金) 13:00〜17:00 (受付開始 12:45〜)
  • 会場:ACU-A(アスティ45 16F)
  • 所在地:北海道札幌市中央区北4条西5丁目アスティ45 地図
  • 参加費:無料(事前予約制)
  • 締め切り日:2019年10月8日(火) 17:00まで

お申し込みはこちら

セミナーのご案内

13:00〜14:00

【A01】

現場を変える! 施工BIMで変える!
〜BIMモデルだからできた仕事改革〜

現場ではまだまだ主流の2次元施工図。これを「Revit」で作成したBIMモデルに変えることで、実はかなりのお困りごとが解決します。施工図専門会社の株式会社M&F総合事務所様は現場を楽しくしたいという思いから早期より施工BIMに取り組み、さまざまな成果を上げています。現場でいかにBIMを活かすのか、自分たちでも使えるのか、この課題に対するヒントをご紹介します。

講師

株式会社M&F総合事務所 代表取締役社長

守屋 正規

14:15〜15:00

【A02】

最新VRで見せるBIMビジュアライズの世界

BIMモデルへのビジュアライズは「Revit」のレンダリング機能だけではなく、さまざまな可能性を秘めております。今回「Revit」あるいは「3ds Max」を経てその後のビジュアライズツールである、「V-Ray」「PresenZ」のハイクオリティーかつ写実的なVR体験をメインにご紹介します。最新ビジュアライズ技術の進化をぜひご覧ください。

  • * 展示・体感コーナーも設けました。こちらは事前予約制とさせていただきます。
講師

株式会社アスク ソリューション&コンポーネント事業部 エンタープライズ事業部 プロダクト・コンテンツグループ

白澤 圭司

15:15〜16:00

【A03】

BIMはコミュニケーションが大事
〜「Autodesk BIM360」でつなぐ効率的なプロジェクトコラボレーション〜

「Autodesk BIM 360」は建築あるいは建設プロジェクトのライフサイクルを通じて、社内外の関係者をつなげる統合プラットフォームです。「Revit」、「AutoCAD」、「InfraWorks」などで作成されたおのおののプロジェクトデータ。これらを「BIM 360」と連携させ、効率的にプロジェクト関係者とコラボレーションを行うことで、設計と現場あるいは協力会社との間で生ずるコミュニケーションロスを解消します。BIMは作ったデータを関係者間できちんとつないでこそ、ロスをなくし効果が上がります。このありそうでなかった仕組みを、動画を交えながらご紹介します。

講師

オートデスク株式会社 社会基盤ソリューション

松本 昌弘

16:15〜17:00

【A04】

一貫構造計算「BUS-6」と「Revit」 BIMデータ連携のこれから

一貫構造計算とBIMソフト間のデータ連携は各ソフトウェアメーカーの努力により一定の成果を上げています。ただ、その運用形態は構造設計者が望むレベルには達していないとよくいわれます。一貫構造計算ソフト「BUS-6」にて「Revit」との望まれるBIMデータ連携実現の取り組みについてご紹介します。

講師

株式会社構造システム 開発部門部長

大日方 貞夫

お申し込みはこちら

お申し込み前にあらためてご確認ください

日時
2019年10月11日(金) 13:00〜17:00 (受付開始 12:45〜)
会場
ACU-A(アスティ45 16F)
北海道札幌市中央区北4条西5丁目アスティ45
地図
参加費
無料(事前予約制)
お申し込みの注意事項
  • お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。
  • 一定数以上のお申し込みがあった場合は締め切り日より前に締め切らせていただく場合もございます。
  • 同業または競合他社様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。
締め切り日
2019年10月8日(火) 17:00まで
主催
株式会社大塚商会
協賛
オートデスク株式会社
株式会社アスク
株式会社建築ピボット
お問い合わせ先
株式会社大塚商会 マーケティング本部 特定CADソフトプロモーション課
TEL:03-3514-7819

ただいま、受講を受け付けています

お申し込みはこちら

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録