建設業実践講座CSF2019秋

BIM/CIMデータのさらなる活用のために

本セミナーはBIM/CIMをテーマにした建設業様全般向けのフェアです。建設業様向けに役立つソリューションも多数展示しており、事前予約制ですので、ゆっくりご覧いただくことが可能です。ぜひご参加いただき今後のBIM/CIM業務に活かしてください。

文書管理・スキャニング 情報共有・会議システム CAD(設計支援ツール) 業務データの活用

  • 日時:2019年11月8日(金) 10:00〜17:30 (受付開始 9:30〜)
  • 会場:株式会社大塚商会 本社ビル
  • 所在地:東京都千代田区飯田橋2-18-4 地図 (本社)
  • 参加費:無料(事前予約制)
  • 締め切り日:2019年11月5日(火)まで
    (締め切り日を過ぎてもお席に余裕のあるコースはお申し込みいただけます)

お申し込みはこちら

セミナーのご案内【ROOM 301】

11:00〜12:00

【A01】

BIMデータ活用による火災シミュレーション

「PyroSim」とは、米国標準局(NIST)により無償提供されている火災専用シミュレーターの「FDS」を用いた火災解析を支援するソフトウェアです。これまでテキスト入力で実施していたモデル作成がCADライクな操作で可能となり、作業効率が向上します。

講師

株式会社CAEソリューションズ FOCUSテクニカルセンター 所長

田倉 啓之

13:00〜14:00

【A02】

BIMデータを用いた効率的建築確認申請時の活用法とは!?

国産BIMツール「GLOOBE」は基本設計を基にした実施設計や建築基準法に沿った法規チェック、確認申請用の図面作成など、より日本の設計に最適化しています。本セミナーでは建築基準法に沿ったBIMデータの作成、図面作成などをご紹介します。

講師

福井コンピュータアーキテクト株式会社

14:20〜15:20

【A03】

レーザースキャナーで取得した点群をCADで活用しよう!

「もっと身近な点群処理」をテーマとし、大規模な点群データを日ごろお使いのCAD製品の延長で扱うことのできる「CloudWorx」をご紹介します。「AutoCAD」、「Revit」といったオートデスク製品に「CloudWorx」をビルドインすることにより、主力ソフトウェア「Cyclone」の点群処理機能のうち、モデル化・図面化で頻出する複数の機能を従来お使いのCADでそのまま簡単に操作できるようになります。また、高速なデータ表示・共有が可能なJetStream・LGSファイル形式をあわせてご紹介します。

講師

ライカジオシステムズ株式会社

15:40〜16:40

【A04】

「Autodesk BIM 360」で開く建設の今と未来

日々進歩している、オートデスククラウドの世界。「BIM 360」はコミュニケーションという点では他の追随を許さないほど、機能・利便性・速度に優れています。現在の活用方法から今後の機能までを、「BIM 360 Docs」を基本としたシリーズの全貌をお伝えします。BIMに取り組まれている方、BIMに取り組もうとしている方、既に「BIM 360 Docs」を利用なさっている方、必見です。

講師

オートデスク株式会社 技術営業本部/建設ソリューション BIMスペシャリスト

三井 真則

お申し込みはこちら

展示のご案内

お申し込みはこちら

お申し込み前にあらためてご確認ください

日時
2019年11月8日(金) 10:00〜17:30 (受付開始 9:30〜)
会場
株式会社大塚商会 本社ビル
東京都千代田区飯田橋2-18-4
地図 (本社)
参加費
無料(事前予約制)
お申し込みの注意事項
  • お申し込み多数のコースにつきましては、抽選とさせていただきます。
  • 一定数以上のお申し込みがあった場合は締め切り日より前に締め切らせていただく場合もございます。
  • 同業または競合他社様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。
締め切り日
2019年11月5日(火)まで
(締め切り日を過ぎてもお席に余裕のあるコースはお申し込みいただけます)
主催
株式会社大塚商会
協賛
オートデスク株式会社 
お問い合わせ先
株式会社大塚商会 CADプロモーション部内 CSF2019秋 事務局
TEL:03-3514-7815

ただいま、受講を受け付けています

お申し込みはこちら

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録