失敗事例に学ぶ! 無線LANの基本

持ち出しPCのデータ保全対策もご紹介

スマートフォン、タブレット、モバイルPC活用が進む中で、快適な環境を整えるには無線LANが必須です。失敗事例をもとに無線LANを安心してご利用いただくためのノウハウをお伝えします。

モバイル・タブレット活用通信・ネットワークネットワーク環境の構築・改善

  • 日時:2019年10月17日(木) 13:30〜16:20 (受付開始 13:00〜)
  • 会場:株式会社大塚商会 京都支店 第3会議室
  • 所在地:京都府京都市中京区烏丸通御池下ル虎屋町566-1 井門明治安田生命ビル7階 地図 (京都支店)
  • 参加費:無料(事前予約制)
  • 定員:24名様

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

13:30〜14:10

失敗事例に学ぶ! 無線LANの基本

無線LANは多くの企業において業務に欠かせない存在になっています。しかしながら、事前の情報収集が足りない状態で構築を進めた結果、業務に支障をきたすトラブルを抱えることも少なくありません。無線LAN環境構築において知っておくべき三つのポイント「遅い」「つながらない・切れる」「セキュリティ」に関して、実際の失敗事例や情報漏えい事故の原因をひもときながらご紹介します。

講師

株式会社ソリトンシステムズ

14:10〜14:50

企業向け無線LAN「Aruba」が実現する快適ネットワーク
〜次世代規格「11ax」の話題も〜

働き方改革、2020年東京オリンピック、教育のIT化、IoTの推進を背景に企業の無線LAN導入は増加しています。将来のネットワークを行き来するデータ量も、今後さらに増える見込みです。「Aruba」の無線LANソリューションは大量のモバイル端末の通信に対応した高速ネットワークを規模を問わず優れたコストパフォーマンスでご提供します。

講師

日本ヒューレット・パッカード株式会社

当日の流れ

  1. 将来まで見越した高速無線LANには何が必要なのか?
  2. Aruba無線LANソリューションで実現する高速無線LAN

15:00〜15:40

手軽にPCの運用負担を軽減! 持ち出しPC対策もサーバーレスで!

働き方改革が企業に求められる中、時間の有効活用に在宅勤務、モバイルワークを実施する企業が増加しています。社外にPCを持ち出すと紛失・盗難が情報漏えいにつながり、リスクが増加、情報システム部に負担がかかります。株式会社アール・アイの「Shadow Desktop」は自動的に断片化、暗号化、クラウドストレージで安心、安全な在宅勤務、モバイルワークを多くのコストをかけずに実現できます。情報システム部のPC運用負担を軽減するソリューションをご紹介します。

講師

株式会社アール・アイ

15:40〜16:20

情報漏えい対策システム「FogosPRO NEO」のご紹介

PCを社外に持ち出す機会が増えて来ています。「FogosPRO NEO」は、PCが自動的に社外と社内を判別してセキュリティレベルを自動調整することが可能となり、利用者は意識することなく安心してテレワーク・モバイルワークが行えます。ユーザーの利便性を保ち、情報漏えい対策ができる「FogosPRO NEO」をご紹介します。

講師

システムインテリジェント株式会社

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録