PC操作ログから情報漏えいリスクを検知

多彩なログ取得と解析サービスから得られる効果とは?

データ利用の把握にはクライアントPCの操作ログを収集することが有効ですが、膨大なログデータから情報漏えいにつながるログを抽出することは容易ではありません。多彩なログ取得とログ解析サービスを活用して、リスクを検知する方法をご紹介します。

セキュリティPC・ソフトウェア管理ITの運用・保守の負荷軽減

  • 日時:2019年5月16日(木) 14:30〜17:00 (受付開始 14:00〜)
  • 会場:Sky株式会社 大阪本社
  • 所在地:大阪府大阪市淀川区宮原3丁目4番30号 ニッセイ新大阪ビル 4階 地図
  • 参加費:無料(事前予約制)
  • 定員:30名様

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの詳細

14:30〜15:15

今求められる情報漏えい対策
〜PC操作ログ活用法〜

社員による内部からの情報漏えい、PCの紛失・盗難など、多様化するセキュリティリスクやその対策法をご紹介します。

講師

Sky株式会社

15:20〜16:20

リスクに先回りして社員の異変を察知!
集めているログデータを活用した内部不正対策

多くの企業では、サーバー・従業者のログを取得するなど、行動の把握に努めてはいるものの、証跡管理用、事後対策として利用するケースが大半で、せっかく集めたログデータを活かすことができていません。本セミナーでは、内部情報漏えい対策だけでなく、メンタルヘルス、転職・退職など労務管理へのログ活用の可能性や具体的な分析事例についてご紹介します。

講師

株式会社エルテス

16:25〜17:00

SKYSEA Client Viewを活用した情報漏えい対策

SKYSEA Client Viewで収集できるログ、目的のログを検索する方法、USBメモリーなどの利用制限を行う方法などをご紹介します。

講師

Sky株式会社

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録