Autodesk Manufacturing Solution Day 2019 in 関西

オートデスク製品の今を知り、明日に活かせる実践イベント

製品開発を改善という大命題から、今お使いの製品の使い方改善まで、製造業のお客様にオートデスクに関する最新情報とお役立ち情報をお届けします。この春のオートデスクの2020バージョンのご紹介、活用提案まで知って得する情報満載です。

CAD(設計支援ツール)営業・業務プロセス効率化コスト削減・売り上げ向上業務データの活用

  • 日時:2019年5月24日(金) 10:20〜17:40
  • 会場:株式会社大塚商会 大塚梅田ビル 5階
  • 所在地:大阪府大阪市福島区福島6-14-1 地図 (大塚梅田ビル)
  • 参加費:無料(事前予約制)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーのご案内

10:20〜11:50

【W1】

全部見せます! オートデスクの2020製造プロダクト

What's New Autodesk 2020?
「AutoCAD 2020」から「AutoCAD Mechanical 2020」、「Autodesk Inventor 2020」まで、この春リリースされたオートデスク製造関連2020プロダクトを一挙公開。今年の「Autodesk Inventor」はどこが変わったのか? Collection製品はどうなるのか? 新バージョンの新機能が明らかになります。

講師

オートデスク株式会社

基調講演のご案内

13:00〜14:30

【K1】

基調講演

輝ける日本の製品開発飛躍に向けての処方箋とは
〜50%の部品数削減で、コスト削減、性能はアップ、その具体的な手法とは〜

日本の開発現場にとどまらず、韓国・中国・イギリス・アメリカの開発現場を指導する中で、あらためて感じる日本の開発競争力の現状とは? 特に韓国・中国の特徴を現場レベルで理解する立場として、今の日本の製品開発における根底にある問題をあぶり出し、その解決へのヒントをお伝えします。その手段が「部品点数の削減」による「コストの削減」と「品質の向上」であり、この一見相反するチャレンジを同時に実現する取り組みを実例を基にお話しします。

講師

株式会社コスト開発研究所 代表取締役社長

三木 博幸

1964年 久保田鉄工株式会社(現・株式会社クボタ)入社。
1964〜1980年 研究本部において耕うん機、田植え機、トラクターの開発に従事。
1981〜1983年 海外技術研修生としてニューヨークへ派遣。
1983〜2003年 トラクターの事業革新と事業再建(トラクター、田植え機、自販機)に従事。
2004〜2009年 クボタ機械設計株式会社 代表取締役社長。
2009年〜 現職。現職の主要業務:開発現場における技術指導、講演・セミナーなど。
グッドデザイン賞4回、社長特別賞3回

三木 博幸 氏 著書

『コストを下げれば、品質は上がる』(日本経済新聞社)

『部品半減』(日本経済新聞社)

『コストは、必ず半減できる。』(日本経済新聞社)

聴講セミナーのご案内

14:40〜15:30

【S1】

2次元ユーザー様必見!
現状維持は衰退の始まり?「AutoCAD」ユーザーも変わらなきゃ

「3次元CADは導入する予定です…、働き方改革で大変です…、結局時間がなくて…、なので現状維持で十分!」
「AutoCAD」のユーザー様に限らず多くの方が口にされます。オートデスクと一緒に変わりませんか? 本セッションでは、2次元図面+3次元モデルの有効活用を、DWGを活用しながら短時間で実現する方法をご紹介します。さらに、DTPD(デジタル製品技術文書情報:JIS)の観点より、3次元モデルの有効利用のヒントをご紹介します。

講師

オートデスク株式会社

15:40〜16:30

【S2-1】

製造業としてのBIM対応とは

建築業界、土木業界ではBIMが着実に浸透してきています。ゼネコンならびに設計事務所からのBIM対応データの提供依頼に対して、製造業として受注を得るために、どのレベルまでのどのようなデータを提供すればよいのでしょうか? 建設業の立場から求めるBIM要件のご説明と、製造業としてのBIM対応についてお伝えします。

講師

株式会社大塚商会

15:40〜16:20

【S2-2】

3Dレーザースキャナーとオートデスク製品を活用した提案力強化方法とは

3Dレーザースキャナーを使って現況取り込みを行い、省力化・効率化に結びつけられる企業が増えています。社内の工場ライン検討・設計にとどまらず企業として提案力を強化するために、この点群データと3Dデータをオートデスク製品にて融合させ利用することで生み出される可能性をお伝えします。

講師

オートデスク株式会社

16:40〜17:40

【S3】

知って得する「Autodesk Inventor」&「AutoCAD Mechanical」便利テクニック塾!

大塚商会保守サポートの中心拠点「たよれーるコンタクトセンター」にお客様から寄せられた「Autodesk Inventor」と「AutoCAD Mechanical」に関するお問い合わせの中から、知っていると得をする便利機能をピックアップしてご紹介します。ユーザー様に大好評のテクニック塾をお届けします。

講師

株式会社大塚商会

体験セミナーのご案内

10:20〜11:50

【H1】

定員10名様

「Autodesk Inventor」構造解析体験セミナー

アセンブリでの構造解析からパラメーターによる最適化と強力な「Autodesk Inventor」の構造解析を実際に操作し、使い勝手などを体感していただきます。静解析、固有値解析、最適化設計についてご確認していただけます。ミニセミナー付き体験セミナーです。

  • * これから解析にチャレンジされる企業様を優先させていただきます。
講師

株式会社大塚商会

13:00〜14:30

【H2】

定員10名様

「Autodesk Vault」体験セミナー

「Autodesk Vault Workgroup」の体験を通じて、全ての設計データを一元管理し、組織全体で設計データを安全に共有し、再利用できることが体験できます。

  • * これから「Autodesk Vault」にチャレンジされる企業様を優先させていただきます。
講師

株式会社大塚商会

16:40〜17:40

【H3】

定員10名様

「Autodesk Inventor」チャレンジ体験セミナー

オートデスクの3DCAD「Autodesk Inventor」を、3次元モデルの作成から図面化まで60分で体感できるスタートアップ体験セミナーです。

  • * これから3D設計にチャレンジされる企業様を優先させていただきます。
講師

株式会社大塚商会

相談会のご案内

14:30〜17:40

【C1】

製品開発個別相談会

お客様の製品開発に対するお困りごとを、株式会社コスト開発研究所 三木社長に個別に相談に乗っていただけます。

  • * 事業部長クラスで製品開発を指揮される立場の方のご列席をお願いします。
  • * 一社様あたり30分程度となります。開始時間は後日お知らせします。
担当

株式会社コスト開発研究所 代表取締役社長

三木 博幸

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録