建設業の革新的なクラウド&BIM/CIM活用 〜Digital Construction innovation

ユーザー様の活用事例で見る、効果と展望

働き方改革や人材不足などの課題を抱える建設業界ですが、ICT活用と技術革新によって解決へと向かう動きが顕著になってきました。新機軸のデジタルデザインや次世代施工管理など、事例を交えて最新の3次元データ活用をご紹介します。

クラウドCAD(設計支援ツール)業務データの活用

  • 日程:2019年5月23日(木)・5月28日(火) 10:00〜17:30 (受付開始 9:30〜)
  • 会場:福岡県・大阪府

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーの概要[福岡会場]

日時
2019年5月23日(木) 10:00〜17:30 (受付開始 9:30〜)
会場
株式会社大塚商会 九州支店
福岡県福岡市博多区博多駅前2-19-24 大博センタービル 8F
地図
参加費
無料(事前予約制)

受付終了

セミナーのご案内[福岡会場]

10:00〜10:50

【A1】

プレゼン

「Twinmotion 2019」による3Dモデルのビジュアライゼーション

「Twinmotion 2019」は、「ARCHICAD」や「Revit」、「SketchUp」などで作成した3Dモデルを取り込み、非常に簡単な操作でモデル周辺をデザイン、静止画や動画などのコンテンツを作成するだけでなく、ヘッドマウントディスプレイによるVR没入が可能なビジュアライゼーションソフトです。本セミナーでは3Dモデルをデザインし動画を作成するまでの流れをご紹介します。

講師

株式会社アルファコックス

11:00〜12:00

【A2】

プレゼン

三歩先をゆく圧勝!
プレゼンデザイン&知らなきゃ損するPDF活用術 虎の巻

プレゼンで全てが決まる―。そう言っても過言ではない建設業界のコンペ・プレゼンで必勝の、最先端のデザイン技法をお伝えします。また、「Adobe Creative Cloud」をCS時代と同様に、旧態依然の使い方をしていませんか? ライバル企業に差を付け、働き方改革にもつながる“最新のデザイン手法の極意”を新製品を交えてお伝えします。また、CADユーザーなら誰しも利用するPDF。純正PDFソフトである「Adobe Acrobat DC」で作るPDFの圧倒的な違いと、その活用による働き方改革、コストカットの実現を、全国引っ張りだこの大人気講師から丁寧にお伝えします。

講師

アドビ システムズ 株式会社

大倉 壽子

13:30〜14:30

【A3】

活用事例

施工現場における革新的技術導入・活用プロジェクトの取り組みと将来展望

昨年度「建設現場の生産性を飛躍的に向上するための革新的技術の導入・活用に関するプロジェクト」に採択された、橋梁上部工の現場における「飛躍的な生産性向上」と「品質管理の高度化」の取り組み事例と将来展望をお話しします。

講師

オフィスケイワン株式会社 代表取締役

保田 敬一

14:45〜15:50

【A4】

施工管理

BIM/CIMデータを活用した次世代施工管理
〜墨出し、出来形管理はどこまで効率化できるのか

2025年には93万人の技能労働者が不足するといわれています。オートデスクの「Point Layout」と「BIM 360 Glue」、ライカジオシステムズの「iCON robot 60」をクラウド・タブレットでつなぎ、どのような効率化が見込まれるのか、実演を交えてご紹介します。

講師

オートデスク株式会社

講師

ライカジオシステムズ株式会社

講師

株式会社大塚商会

16:00〜17:00

【A5】

点群データ

CADプラグインで点群データを編集・活用する「Leica CloudWorx」

「Leica CloudWorx」CADプラグインは、「Revit」や「NavisWorks」、「AutoCAD」などCADシステム内で点群データを直接扱います。3次元CADが持つツールや機能だけでなく、「Leica CloudWorx」が提供する、点群データを処理するためのフル機能も活用することで3D計測のワークフローを効率化します。

講師

ライカジオシステムズ株式会社

受付終了

展示のご案内

受付終了

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

セミナーの概要[大阪会場]

日時
2019年5月28日(火) 10:00〜17:30 (受付開始 9:30〜)
会場
株式会社大塚商会 大塚梅田ビル
大阪府大阪市福島区福島6-14-1
地図
参加費
無料(事前予約制)

受付終了

セミナーのご案内[大阪会場]

10:00〜10:50

【B1】

プレゼン

「Twinmotion 2019」による3Dモデルのビジュアライゼーション

「Twinmotion 2019」は、「ARCHICAD」や「Revit」、「SketchUp」などで作成した3Dモデルを取り込み、非常に簡単な操作でモデル周辺をデザイン、静止画や動画などのコンテンツを作成するだけでなく、ヘッドマウントディスプレイによるVR没入が可能なビジュアライゼーションソフトです。本セミナーでは3Dモデルをデザインし動画を作成するまでの流れをご紹介します。

講師

株式会社アルファコックス

11:00〜12:00

【B2】

プレゼン

三歩先をゆく圧勝!
プレゼンデザイン&知らなきゃ損するPDF活用術 虎の巻

プレゼンで全てが決まる―。そう言っても過言ではない建設業界のコンペ・プレゼンで必勝の、最先端のデザイン技法をお伝えします。また、「Adobe Creative Cloud」をCS時代と同様に、旧態依然の使い方をしていませんか? ライバル企業に差を付け、働き方改革にもつながる“最新のデザイン手法の極意”を新製品を交えてお伝えします。また、CADユーザーなら誰しも利用するPDF。純正PDFソフトである「Adobe Acrobat DC」で作るPDFの圧倒的な違いと、その活用による働き方改革、コストカットの実現を、全国引っ張りだこの大人気講師から丁寧にお伝えします。

講師

アドビ システムズ 株式会社

大倉 壽子

13:30〜14:30

【B3】

活用事例

点群データを基にプラント設備改造工事を成功させた実例をご紹介!

3D測量から設計、施工までの一連の流れを測量機とソフトのメリット、デメリットを踏まえて詳しくご紹介します。また、オフィスと現場など離れた場所にいる担当者を同一BIM空間内にオンラインで入り会議する技術や、BIMモデルおよび点群データのVR化、BIM設計後の維持管理まで最新技術も合わせてご紹介します。

施工までの一連の流れ

  1. 「Leica BLK360」で3D計測し、「InfiPoints」で点群データの編集〜モデリング
  2. 「Plant 3D」で機器の配置、配管を設計し、「Navisworks」で点群とCADモデルを合成
  3. 既設設備と新設設備の干渉を無くし、既設取り合い配管にも接続
講師

有限会社花田設計事務所 代表取締役

花田 義勝

14:45〜15:50

【B4】

施工管理

BIM/CIMデータを活用した次世代施工管理
〜墨出し、出来形管理はどこまで効率化できるのか

2025年には93万人の技能労働者が不足するといわれています。オートデスクの「Point Layout」と「BIM 360 Glue」、ライカジオシステムズの「iCON robot 60」をクラウド・タブレットでつなぎ、どのような効率化が見込まれるのか、実演を交えてご紹介します。

講師

オートデスク株式会社

講師

ライカジオシステムズ株式会社

講師

株式会社大塚商会

16:00〜17:00

【B5】

点群データ

CADプラグインで点群データを編集・活用する「Leica CloudWorx」

「Leica CloudWorx」CADプラグインは、「Revit」や「NavisWorks」、「AutoCAD」などCADシステム内で点群データを直接扱います。3次元CADが持つツールや機能だけでなく、「Leica CloudWorx」が提供する、点群データを処理するためのフル機能も活用することで3D計測のワークフローを効率化します。

講師

ライカジオシステムズ株式会社

受付終了

展示のご案内

受付終了

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録