「働き方改革」で一翼を担う情報システム部が頼られること

テレワークを支援する新しい仮想デスクトップもご紹介

働き方改革において情報システム部は、人事部や総務部からデータの提出を求められることがあります。本セミナーでは、長時間労働対策、勤怠時間とPC利用時間との乖離、PC持ち出し時やテレワークで利用するPCのセキュリティ対策について考えます。

モバイル・タブレット活用セキュリティPC・ソフトウェア管理経営基盤強化・リスク対策ITの運用・保守の負荷軽減機密漏えい・外部侵入対策

  • 日時:2019年9月19日(木) 15:00〜17:00 (受付開始 14:30〜)
  • 会場:Sky株式会社 大阪本社
  • 所在地:大阪府大阪市淀川区宮原3丁目4番30号 ニッセイ新大阪ビル 4階 地図
  • 参加費:無料(事前予約制)
  • 定員:20名様

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーのご案内

15:00〜16:00

「働き方改革」で情報システム部が会社から頼まれることとは?

働き方改革に関するデータの提出を会社から求められることがあります。「勤怠システムのデータとPC利用時間に乖離がないか見たい」 「早く帰らせたいからPCを使えないようにできないの?」などの要望に、SKYSEA Client Viewで対応する方法をご紹介します。

講師

Sky株式会社

16:10〜16:50

利便性を追求した新しい仮想デスクトップ

持ち出しPCにおける最大の懸念は情報漏えいですが、本製品はPC側にデータがない状況を作り上げることが可能です。ユーザーの使用感を変えず、オフラインでも使える利便性を兼ね備えており、お手軽にスタートできる新しい形の働き方をご案内します。

講師

株式会社アール・アイ

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録