Autodesk SolutionでBIM/CIMのさらなる活用−建設業から製造・プラント業へ

3次元データの活用による業務効率化と競争力強化

人材不足など課題を抱える建設業界ですが、BIM/CIM活用によって解決へと向かう動きが顕著になってきました。その動きは建材、設備・プラント業も交え広がる傾向へ。本セミナーはこれからBIM/CIMに取り組む方向けに最新情報をご紹介します。

CAD(設計支援ツール)営業・業務プロセス効率化

  • 日時:2019年9月25日(水) 13:15〜16:45 (受付開始 12:30〜)
  • 会場:神戸国際会館 7F 704号室
  • 所在地:兵庫県神戸市中央区御幸通8-1-6 地図
  • 参加費:無料(事前予約制)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

プレゼントのご案内

抽選でプレゼント!

A01、A02コースをご受講された方の中から抽選で、『はじめてのAutodesk Revit LT 実践!BIM入門ガイド(2014/2013対応)』をその場でプレゼント!

セミナーのご案内

13:15〜14:15

【A01】

製造業のBIM/CIM対応
〜設計事務所・ゼネコンが求めるBIM/CIM対応〜

建築業界でBIM化が定着し、土木業界ではCIMの取り組みが促進されていますが、製造業への期待と要望も高まってきました。まだ対応経験のない方向けに、2次元CADから3次元CADへ移行するメリットやBIM/CIM対応、3次元CADへの対応方法をご紹介します。

講師

オートデスク株式会社

講師

株式会社大塚商会

14:30〜15:30

【A02】

スタートアップBIM!
2Dから3Dへの移行をサポートするオートデスクソリューションと支援プログラム

BIMソフトとして世界的にシェアを持つ「Revit」のアップデート情報と共に、“つながり”の時代にBIMの最大メリットを実現する「BIM 360」をご紹介します。

講師

オートデスク株式会社

講師

株式会社大塚商会

15:45〜16:45

【A03】

CADプラグインで点群データを編集・活用する「Leica CloudWorx」

「Leica CloudWorx」CADプラグインは、「Revit」や「Navisworks」、「AutoCAD」などCADシステム内で点群データを直接扱います。3次元CADが持つツールや機能だけでなく、「Leica CloudWorx」が提供する、点群データを処理するためのフル機能も活用することで3D計測のワークフローを効率化します。

講師

ライカジオシステムズ株式会社

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録