テレワークって危ないんじゃない? その不安を解消するセキュリティ対策とは

テレワーク運用に迫るセキュリティ脅威と必要なセキュリティ対策を解説します!

テレワークをこれから始める企業も既に実施中の企業も見落としがちなのが「セキュリティ対策」。テレワークを安全に運用するうえで起こり得るセキュリティ脅威とは何なのか、どう対策できるのか、そんな疑問にお答えします!

セキュリティ機密漏えい・外部侵入対策オンライン

  • 日時:2020年4月30日(木) 10:40〜12:00
  • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
  • 参加費:無料(事前申込制)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーのご案内

10:40〜11:00

【Session1】

テレワークのセキュリティ課題を解決!
オフラインでもPCをセキュアに保つ「CylancePROTECT」

テレワークを始めるにあたって、お悩みの管理者の方が多くいらっしゃいます。環境整備、労務時間管理、そしてセキュリティ対策です。社内と異なる環境でPCを利用する際に重要になるのがエンドポイントでのセキュリティ対策です。本セッションでは、Emotetなどますます高度化巧妙化する攻撃手法からPCを守る、次世代型アンチウイルス「CylancePROTECT」で実現するセキュリティ対策についてご紹介します。

講師

エムオーテックス株式会社

坂田 愛

11:10〜11:30

【Session2】

新ジャンル「ホワイトリスト運用」で自宅からのWebアクセスを安全にする!

テレワークが急速に普及していますが、在宅ワークでは管理者が把握できないWebアクセス・攻撃メール・私的利用などによる情報漏えいが生じる危険性があります。新しい「ホワイトリスト運用」によるセキュリティ対策で、業務で最も用いるWebとメールを守りましょう。本セッションでは、どこにいたとしても外部からの攻撃と内部からの情報漏えいを防げる、安全な業務環境の実現のためのセキュリティ対策についてご紹介します。

講師

デジタルアーツ株式会社

黒川 衣紗菜

11:40〜12:00

【Session3】

テレワーク環境だからこそ必要!
攻撃発生時の「早期発見・対処」をお手伝いする「らくらくEDR」

セキュリティ対策で重要なのは「変化する脅威への防御力の向上」と「万が一の早期発見・早期対処」です。防御力の向上は取り組めても、早期発見・対処への対応にお悩みの方が多くいらっしゃいます。テレワーク環境が進む中でも問題になる「ウイルス感染時の対応」。ここをお手伝いするのがEDRソリューションです。本セッションでは、「守る」だけでなく、「気づく」「対処する」までをカバーする一歩進んだセキュリティ対策と、その運用を大塚商会で行う「らくらくEDR」サービスについてご紹介します。

講師

株式会社大塚商会

宇田川 正伸

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー