ニューノーマル時代の設備設計オンラインセミナー シミュレーション活用・BIM活用をテーマに

外出不要! 自分の席で、設備設計ツールの最新情報をご覧いただけます!

現在の世界的な感染対策への社会の動きを踏まえると、建築設計においても「換気」はより一層重要なテーマになると思われます。新たな設備設計をテーマに、設備CADと気流シミュレーションソフトの活用についてご紹介します。

CAD(設計支援ツール) 営業・業務プロセス効率化 オンライン

  • 日時:2020年6月26日(金) 10:30〜14:30
  • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
  • 配信環境:Zoom ウェビナー
  • 参加費:無料(事前申込制)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

A01セミナーのご案内

10:30〜12:00

【A01】

換気検討に活用できるFlowDesigner
〜気流シミュレーションを初めて使ってみる、これから導入を検討しようと考える人のために〜

建築設計においても「換気」「空気質」はより一層重要なテーマになると思われますが、空気の流れは目には見えません。健康・安全面といった観点から付加価値はさらに高まっていくはずですが、設計段階や改修段階でどのように検討をすればよいか。換気回数などの数値だけでは、全体の換気状況は評価できても換気したい場所が換気されているかは評価ができません。熱流体解析ソフトFlowDesignerを活用すれば3次元で空気の流れをビジュアル化でき、状況把握ができるだけではなく、訴求力のある提案資料を作成することができます。本セミナーは前半・後半で入門編・応用編に分けて、換気検討のためのシミュレーション方法を解説します。

講師(入門編)

株式会社アドバンスドナレッジ研究所 代表取締役
大阪大学招聘教授 博士(工学)

池島 薫

講師(応用編)

株式会社アドバンスドナレッジ研究所 ソリューション技術部 部長

黒岩 真也

当日の流れ

  1. 10:30〜11:15 入門編
  2. 11:15〜12:00 応用編

A02セミナーのご案内

13:30〜14:30

【A02】

Rebro2020 SP1の新機能「耐震支持」の概要とBIMモデルの活用機能ご紹介

RebroはBIM対応の建築設備CADです。「働き方改革」の実現を支援するCADとして急速に普及しています。本セミナーは、5月28日にリリースされたRebro2020 SP1に実装された「耐震支持」機能についての概要と「働き方改革」実現を支援するBIMモデル活用機能をご紹介します。

講師

株式会社NYKシステムズ 営業部 グループ長

小林 美樹

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー