第11回 SOLIDWORKS解析ユーザー会

SOLIDWORKSの解析をもっと活用するヒントがあります!

「解析をもっと活用したい!」「解析を今後検討したい!」といったお客様大歓迎! ぜひ参加をご検討ください。
SOLIDWORKS活用研究会も同日開催!

CAD(設計支援ツール) コスト削減・売り上げ向上 オンライン

  • 日時:2020年9月4日(金) 9:30〜17:00 (接続開始 9:15〜)
  • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
  • 配信環境:Zoomウェビナー
  • 参加費:無料(事前申込制)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

「SOLIDWORKS解析ユーザー会」セミナーのご案内

09:30〜11:00

【S1】

CFDを用いたソーラーカーの空力開発
〜ソーラーカー世界大会BWSC2019準優勝への軌跡〜

世界最高峰のソーラーカーレースとして有名なのが「Bridgestone World Solar Challenge(以下、BWSC)」です。この大会は、2年ごとにオーストラリアで開催されており、北のダーウィンから南のアデレードに至る約3,000kmのコースを太陽光のみで走破することが求められる過酷なレースとなっています。2019年の大会には世界23カ国から47チームが参戦しました。

東海大学ソーラーカーチームは、1991年に発足されて以来、さまざまな大陸で開催される国際ソーラーカーレースに参戦してきており、特に2008年以降は、2009年・2011年のBWSCの連覇を含めた国際大会での5連覇を達成するなど、世界のトップレベルの成績を維持してきました。

ソーラーカー開発において最も重要となるのは発電技術となりますが、ソーラーカーの発電パワーは限られており、消費パワーをできるだけ削減することが高性能なソーラーカーを開発し好成績を挙げるために必要不可欠となります。そのため、空力性能は大変重要です。

一方で、開発時間は限られており、毎大会の規則が発表される前年の6月から大会が開催される10月までの約1年と3カ月の期間の間に、車体設計から車体の製作、試験走行、輸送も含めた全てのプロセスを終える必要があります。このため、空力開発においても、限られたリソース・時間の中で、空力性能が高い車体形状を創造し実現することが要求されます。さらに、ソーラーカーレースは公道で開催されるため、実際の風況などの条件を考慮することも重要となります。

本チームでは、これらの条件を考慮して、流体シミュレーション(CFD)技術を応用した空力開発を行ってきており、2019年に開催された「2019 Bridgestone World Solar Challenge」では準優勝を果たすことができました。本セミナーでは、ソーラーカーの空力開発の概要と2019年大会の結果についてご紹介します。

2019 Bridgestone World Solar Challenge

ソーラーカー走行写真

講師

東海大学 工学部 航空宇宙学科 航空宇宙学専攻 准教授

福田 紘大

2000年3月 横浜国立大学 工学部 生産工学科 卒業
2002年3月 横浜国立大学 大学院 工学研究科 生産工学専攻 修士課程修了
2005年3月 横浜国立大学 大学院 工学府システム 統合工学専攻 博士課程修了 博士(工学)
2005年4月 横浜国立大学 大学院 工学研究院 システムの創生部門 助手
2006年1月 米国 University of Maryland 工学部 Faculty Research Assistant
2007年4月 独立行政法人 宇宙航空研究開発機構(JAXA) 情報・計算工学(JEDI)センター 研究員
2011年4月  東海大学 工学部 航空宇宙学科 航空宇宙学専攻 専任講師
2014年4月  同准教授

講師研究分野

  • 流体工学、流体シミュレーション、非定常流れ現象、渦流れ現象、空力騒音

現在の主な研究テーマ

  • 非定常流体現象の解明
  • 非定常運動を伴う物体に働く非定常流体力の解明
  • メッシュフリー型乱流解析手法の開発
  • 高性能ソーラーカーの空力開発
  • ソーラー飛行機の開発
  • 血流シミュレーション手法の開発

著作

  • 『航空宇宙学への招待』 東海大学出版部(2018 共著)

所属学協会

  • 日本機械学会
  • 日本航空宇宙学会
  • 自動車技術会(CFD技術部門委員会 幹事/流体技術部門委員会 委員)
  • 米国航空宇宙学会(AIAA、Senior Member)
  • 日本太陽エネルギー学会
  • 日本ロケット協会

11:20〜12:00

【S2】

「SOLIDWORKS」と「3DEXPERIENCE」の統合型融合による開発環境の強化

「SOLIDWORKS」とクラウドソリューション「3DEXPERIENCE」が統合することで、製品開発環境の改善とより多くのソリューションをご提供することが可能になりました。今後の「SOLIDWORKS」の可能性と「3DEXPERIENCE」プラットフォームをベースにした高度な解析ソリューション、「SIMULIAworks」製品群の全容をご紹介します。

講師

ソリッドワークス・ジャパン株式会社

13:00〜13:45

【S3】

「SOLIDWORKS Simulation」の自動化機能とカスタマイズで繰り返し作業を大幅削減!

「SOLIDWORKS Simulation」に解析を自動実行できる機能があることをご存じですか? あらかじめ解析条件を設定しておくことで、形状変更と解析を自動実行することが可能です。グレードによっては解析結果から最適形状を算出することもできます。また、大塚商会ではお客様ご要望に合わせたカスタマイズを行っています。解析結果の出力や条件設定での煩雑な作業を効率化することができます。サンプル例を基にご紹介します。

講師

株式会社大塚商会

14:00〜14:45

【S4】

ちょっとしたテクニックやコツで運用が改善!
「SOLIDWORKS Simulation」Tips/Tricks&新機能ご紹介セミナー

「SOLIDWORKS Simulation」の技術サポートをしている担当者より、お客様からよくいただくご質問とその回答、便利だけれど意外と知られていない機能や手法などの有益な情報をご紹介します。また近年追加された新機能のうち、有効活用できるものをいくつかご紹介します。

講師

株式会社CAEソリューションズ

15:00〜15:45

【S5】

ゼロから分かる「SOLIDWORKS Flow Simulation」

「SOLIDWORKS Flow Simulation」は、国内シェア率50%を超える3DCAD「SOLIDWORKS」に完全統合された熱流体解析ソフトウェアです。基本設定にウィザード形式を採用することにより、設計者の方でも違和感なくご利用いただける優れたユーザーインターフェイスを実現しました。また、簡単な操作で流れや熱のパラメーターなど詳細な条件も設定も可能です。本セミナーでは「SOLIDWORKS Flow Simulation」で使用できる解析機能を、デモンストレーションや動画を交えながらご紹介します。

講師

株式会社大塚商会

16:00〜16:45

【S6】

ちょっとしたテクニックやコツで運用が改善!
「SOLIDWORKS Flow Simulation」Tips/Tricks&新機能ご紹介セミナー

「SOLIDWORKS Flow Simulation」の技術サポートをしている担当者より、お客様からよくいただくご質問とその回答、便利だけれど意外と知られていない機能や手法などの有益な情報をご紹介します。また、最新バージョンを含め近年追加された新機能のうち、有効活用できるものをいくつかご紹介します。まだ、旧バージョンのままであればこれを機会にぜひバージョンアップしてください。

講師

株式会社構造計画研究所

「SOLIDWORKS活用研究会」セミナーのご案内

13:00〜13:45

【H1】

製品の製造コストへ配慮した設計はできていますか?

これまで、製品設計の分野では業務効率化をテーマにさまざまな改善策が施されてきました。しかし、製品が製造される際の製造コストに配慮した設計が行われている企業は多くはありません。SOLIDWORKSに搭載された「SOLIDWORKS Costing」では3次元モデルから製造に必要なコスト見積りを行うことが可能になります。部品モデルに対してコマンドを実行し、タスクパネル上で必要な設定を定義するだけで、製造コストの計算を自動で行います。本セミナーでは、「SOLIDWORKS Costing」の概要説明および、実機操作でもご紹介します。

講師

株式会社大塚商会

14:00〜14:45

【H2】

ルーティングだけじゃない! 配線・配管・チューブの3D検討方法

3D設計を進めると「配線・配管・チューブの3D検討も行いたい」という要望が出てきます、経路やスペースを事前検討できたら後工程で困ることがないためですが、標準機能の3Dスケッチ、スイープ、鋼材レイアウト、エンベロープ、でできることもあります。また、「SOLIDWORKS Routing」アドインを使うと、詳細な配管・配線モデルを少ない手数で作成できます。本セミナーでは、「SOLIDWORKS Routing」アドインを中心にご紹介しますが、標準機能でできること、パートナー製品の選択肢もご紹介します。「SOLIDWORKS Routing」アドインは、配線・配管・チューブ、それぞれ多くの機能を持つため概要レベルのご紹介となりますが、どのように、配線・配管・チューブの3D検討を行うか? 3D活用方法の参考としてください!

講師

株式会社大塚商会

15:00〜15:45

【H3】

SOLIDWORKS凄ワザ for 活用研究会

もっとSOLIDWORKSを使いこなしてほしい! そんな思いを込めた、SOLIDWORKS凄ワザシリーズ。今回は活用研究会のためにご用意しました! 全てのSOLIDWORKSユーザー様に知っておいていただきたい便利機能だけでなく、既存機能のコラボレーションメソッドや今話題の機能を時間の許す限りお伝えします! これからSOLIDWORKSをお使いいただく方はもちろん、長年ご愛用いただいているお客様もぜひご参加ください!

講師

ソリッドワークス・ジャパン株式会社

16:00〜17:00

【H4】

SOLIDWORKSリアルタイム相談室
〜ご相談にLiveで回答します!〜

立場も年齢も経験も異なる相談員が、お客様からの疑問・質問・相談をお待ちしてます! 相談員それぞれの視点で回答しますので、きっと皆様のお悩みを解消するヒントが得られるはずです。

相談員

株式会社大塚商会

ソリッドワークス・ジャパン株式会社

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー