テレワークやってみたら紙が邪魔だった……。3人のコンサルタントが徹底的なペーパーレスからDXへの変革方法をご紹介!

契約書や社内伝票……、紙や印鑑が残る不便さを解消!

営業・経理・総務、全てのセクションに存在する紙をどうしたらペーパーレスにできるのか? それには、電子帳簿保存法をはじめ、さまざまな法令を知らないと判断ができません。紙売りからスタートした大塚商会がお届けするトータルペーパーレスソリューションをご紹介します。

文書管理・スキャニング コンサルティング 営業・業務プロセス効率化 オンライン

  • 日時:2020年9月18日(金) 13:00〜16:30
  • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
  • 配信環境:Zoomウェビナー
  • 参加費:無料(事前申込制)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーのご案内

13:00〜13:45

【A01】

テレワーク時代に、押さえておきたい「電子のハンコ」とは?

テレワークの足かせとなる書類の8割は請求書、契約書、稟議書の三つに集中。この三つの書類をペーパーレス化すれば経理・総務などの間接部門を含めて快適なテレワーク環境が構築できます。法令に準拠してこれらの書類のペーパーレス化を可能にする電子のハンコとは? 関係する法令に基づいてその機能と効果を公認会計士・税理士が分かりやすく解説します。

講師

ペーパーロジック株式会社 代表取締役社長 兼 CEO 公認会計士・税理士

横山 公一

1991年監査法人トーマツに入所し、監査業務、株式公開、支援業務、関与先の流動化・証券化の会計税務等を担当。1999年に金融特化型会計事務所を創業し、代表パートナーとして同社を取り扱いファンド数1,500、管理金額4兆円まで成長させ、特化型会計事務所としては国内最大手にまで成長させる。ファンド管理のスペシャリスト。現在は国策・規制緩和分野である電子化・ペーパーレス化のフィンテック分野に会計・税務・法律の知見、ネットワークを投入し、我が国の生産性向上に資するため邁進。

14:15〜15:15

【A02】

今こそ活用したい電子帳簿保存法 要件緩和でさらにペーパーレス化促進!

2020年に4度目の「電子帳簿保存法」の要件が緩和され、電子化のハードルがさらに下がります。テレワークや多様な働き方が求められる中、ペーパーレスに取り組む企業が増えてきました。しかし、領収書や請求書などの国税関係書類を電子化するには、電子帳簿保存法に対応させる必要があります。本セミナーでは電子化に求められる要件を分かりやすく解説します。大量の国税関係書類を7年保存されているお客様必見です。ぜひ、お気軽にご参加ください。

講師

株式会社大塚商会 共通基盤セキュリティプロモーション部

岡野 純子

大塚商会のマーケティング本部の中でドキュメントソリューションを担当。一般的なドキュメント管理をはじめ、e-文書法、電子帳簿保存法に精通。多くのお客様、ベンダーとやりとりをしています。

15:45〜16:30

【A03】

業務改善から始める導入効果の見えやすいシステム導入プロジェクトの進め方

ITが企業に浸透した現在、システムが業務の効率化の制約となっている面も少なくありません。「業務を効率化する上で必要なシステムを構築する」ことを目的に、株式会社大塚商会にて提供している「業務改善コンサルティング」の概要を実例を交えながらご紹介します。

講師

株式会社大塚商会 ASCコンサルティング課

野呂田 章宏

平成8年入社。アプリケーションSEとして10年間、業務システムの開発・運用に従事。その後、セールスサポート部門での、システム企画・提案を経て、現在のコンサルタント職に至る。業務改革とシステムの両軸から、お客様の経営課題解決と利益追求に貢献。

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー