3Dデータで拓く事業戦略 これからを生き抜く必要な情報がここにある!

設計から製造まで大塚商会イチオシの3Dデータ活用ソリューションセミナー

コロナウイルス拡大の影響によりものづくり産業が直面する課題と展望を中心に、製品訴求を目的とした大塚商会独自セミナー、製品デモやプレゼンテーションをプログラムしたオンラインフェアーとして開催します。

セキュリティ CAD(設計支援ツール) 製品の導入・活用支援 AI・IoT オンライン

  • 日時:2020年11月27日(金) 10:00〜16:40
  • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
  • 配信環境:Zoom
  • 参加費:無料(事前申込制)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーのご案内

10:00〜10:40

【A1】

導入前・導入後徹底質問! 3Dプリンター展示場から

3Dプリンターを検討されているお客様から日ごろ受けている質問や疑問を、Stratasys製3Dプリンターを長年販売されてきた丸紅情報システムズ株式会社様に徹底的に質問します。ほかのお客様が持たれている疑問や課題点を聞くことで、新たな視点が得られると共に、インターネットには載っていない、現場からの回答を聞くことは必ず自社の3Dプリンター活用や検討のヒントになるはずです。ご紹介は丸紅情報システムズ株式会社様のショールームで行うため、サンプルや装置、周辺設備など幅広くご紹介します。活用事例なども交えてのセミナーとなりますので、他社様がどのようにして3Dプリンターを活用しているのかも知ることができます。これから3Dプリンターを検討される方も、既に活用されている方もぜひご覧ください。

講師

丸紅情報システムズ株式会社 営業二課

小島 晴也

講師

株式会社大塚商会

11:00〜11:40

【A2】

高付加価値なものづくりを可能にする金属AMテクノロジー
〜CognitiveAdditive 金属3Dプリンターを有効活用するための課題、理解してますか?〜

2016年、株式会社山一ハガネはAM事業をフランスのPrismadd社と開始。日本や世界でAM業界に関連するさまざまな企業、研究所、大学と連携、またお客様のプロジェクトに貢献させていただきながら自社の新技術として日々技術を培ってきました。本セミナーでは、そこから見えてきたAMのボトルネックに対するソリューションをご紹介します。

講師

株式会社山一ハガネ

13:00〜13:40

【A3】

SOLIDWORKSアドインソフト一挙ご紹介【解析編】
〜構造・熱流体・樹脂流動〜

3DCAD国内シェア率50%を超える「SOLIDWORKS」。その「SOLIDWORKS」の画面上で操作できる、さまざまな解析ソフトがあることをご存じでしょうか? 本セミナーでは、各ソフトで活用可能な解析機能を、デモや動画を交えながらご紹介します。

講師

株式会社大塚商会

14:00〜14:40

【A4】

加工速度の新領域!
Mastercamによる加工スピードアップ術

加工時間の短縮は製造コストの削減に直結する要素です。Mastercamのダイナミックモーションはツーリングと工作機械の性能を最大限に活かしたツールパスです。同じ設備で加工した場合に1ワークの加工時間を最大で30%削減します。これ以外にも特殊形状工具を使用したバリ取りや5軸加工など加工スピードを上げるさまざまな事例をご紹介します!

講師

株式会社ゼネテック 営業技術部 部長

佐原 宗樹

15:00〜15:40

【A5】

製造トランス・フォーメーション
「FlexSim」+「OTRS」で生産変革

作業分析ソフトウェア「OTRS」で分析した各工程の作業時間・タクトタイムを離散事象シミュレーター「FlexSim」へのインプット・タクトタイムデータとして活用することで、実態に即した生産ラインや工場の生産性・改善案をシミュレーション! より生産性の高い生産ライン・物流レイアウトへの最適化を実現します。本セミナーでは「OTRSによる時間の『見える化』」と「FlexSimによる人・モノの『見える化』」を連携した高度なデジタルツイン効果をご紹介します。

講師

株式会社産業革新研究所 テクノロジスト
株式会社ブロードリーフ シニアエバンジェリスト

大岡 明

講師

株式会社ゼネテック スマートソリューション部

清水 正尚

16:00〜16:40

【A6】

テレワーク時代のセキュアな設計環境を考える
〜規模別の最適解を検討〜

COVID-19によるテレワークの広がりをきっかけとして、今後は育児休暇や介護休暇対応としてより積極的に取り入れていこうというお客様も増えています。そのような中、R&Dに関わる部署はハイスペックなワークステーションが必要、あるいは機密データを扱うことも、検討から外れることも多いと思います。本セミナーでは、お客様の規模別にセキュアなリモート設計環境というものをご提案します。

講師

株式会社大塚商会 CADプロモーション部 戦略推進課

藤田 昌弘

セミナーのご案内

10:00〜10:40

【B1】

進化! CADだけではなく3DスキャナーやVRを活用した現状の把握や業務改善

自社製品をお客様に納品するとき、自社製品をお客様にプレゼンテーションするとき、または工場レイアウトの検討の際に、3DスキャナーやVR、そして3次元CADを活用して仕事を効率化して、コロナ禍をビジネスチャンスに変えるためのものづくりのデジタル化についてご紹介します。

講師

株式会社大塚商会

11:00〜11:30

【B2】

ニューノーマル時代のものづくりプロセスに役立つ「SOLIDWORKS」でのAR/VR

企画から設計・製造・販売と、3Dデータはものづくりのさまざまな場面で活用できます。近年ますます身近なものになったARやVRもその一つ。リモートワークが定着しつつある昨今、今まで以上にARやVRの活用の可能性が広がってきています。本セミナーでは、ARやVRをものづくりでどう活用したらいいか分からないというお客様に、SOLIDWORKSのデータを活用した具体的な活用方法や効果をご紹介します。

講師

ソリッドワークス・ジャパン株式会社 営業技術部 アプリケーションエンジニア

柿沼 直樹

講師

株式会社大塚商会

13:00〜13:40

【B3】

価格競争力を高める! 基本設計段階における原価見積り支援ツール

グローバル化による価格競争の背景から、製品の品質の確保だけでなく、製造原価や調達原価への配慮も避けられない状況です。しかしながら、設計段階では原価計算まで手が回らず、企画段階に計画していた原価をオーバーしてしまい、コストの調整に苦労されている設計者の方は多いのではないでしょうか。本セミナーでは、3DCADデータと原価マスターをひも付けることによって、原価の8割が決定する設計フェーズの早い段階からの原価管理を実現する新しい原価管理ツールをご紹介します。設計者や原価管理者の行う煩雑な原価計算作業をシステム化することで、見積り精度の向上と原価の積算スピードの両立を可能にします。

講師

株式会社図研プリサイト PLM事業統括部 PLM営業部

上名 千秋

14:00〜14:40

【B4】

仕事の仕方が変わる、ビジネスモデルが変わる
〜先進事例に見るDX戦略のCAD・PLMから、IoT/ARデータ連携まで〜

ニューノーマル時代の生き残りをかけて、あらゆる企業がそのビジネスモデルや業務プロセスなど、構造的な変化を求められています。喫緊の課題に応え、そして未来を見据えたデジタルトランスフォーメーションをどう考え、具体的に推進していくべきか。あらゆる業種で活用できるIoTやARの先進テクノロジーがどのようにビジネスの課題に応えているか、また、最先端のCADやPLMなど製品設計管理ソリューションが単なる部門内ITツールではなく、組織全体のデジタル変革にどのように寄与するのかをご紹介します。

講師

PTCジャパン株式会社 ビジネスディベロップメント ディレクター・フェロー

後藤 智

15:00〜15:40

【B5】

ここまで使えるSOLIDWORKSの3Dプリンター向けモデル作成の極意

3Dプリンターを活用するには、3Dプリンターで失敗しない3Dデータを作成する必要があります。造形時に問題となる形状の回避、出力に必要な形状の作成と配置、メッシュデータの出力とこれらの内容を考慮した作成が望まれます。本セミナーでは、あまり知られていない3Dプリンターの活用に役立つSOLIDWORKS機能を中心に、具体的な操作を披露しながら分かりやすくご説明します。

講師

株式会社大塚商会

16:00〜16:40

【B6】

インスピレーションを現実に
デザインリアリズム・Stratasys最新フルカラー3Dプリンター導入による革新的デジタル製品開発事例と導入効果について

ストラタシスのフルカラーインクジェット3Dプリンターは、2016年にJ750が製品化され、2019年のJ850発売に続き、2020年にJ55、J826といった小型機種を発売しました。よりリアルなプロトタイプをすぐ手にできる、「デザインリアリズム」をコンセプトに開発された2020年発売のJ55の特長とパフォーマンス、先進的な活用事例をご紹介し、どのような利点、効果があるのかご説明します。実際の活用例などを交えてご説明します。

講師

株式会社ストラタシス・ジャパン ノースアジア プロダクト&ソリューション部
シニアセールスアプリケーションエンジニア

小林 俊亮

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー