【中部:SOLIDWORKSユーザー様限定】設計データの管理手法セミナー

社内資産である3Dデータの管理方法を分かりやすく解説します

日々更新されていく設計データ。社内資産として有効活用できていますか? Windows上での管理、保存だけでは限界があります。本セミナーでは、蓄積されていく3Dデータを上手に管理、運用するための有効な手法をご紹介します。

CAD(設計支援ツール) 製品の導入・活用支援 オンライン

  • 日時:2020年11月13日(金) 13:00〜16:50
  • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
  • 配信環境:Zoom
  • 参加費:無料(事前申込制)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーのご案内

13:00〜14:00

【S01】

SOLIDWORKSで学ぶCADデータ管理手法 概論

組織でも個人でも3DCADを活用していく過程にてデータ管理に関するいろいろな疑問が生じます。大塚商会ではこのような疑問に対して、さまざまな支援サービスをご提供し解決に導いています。本コースでは、どのようなデータ管理ルールを決める必要があるかを示すと共に、その先を見据えたPDM導入検討についての参考情報をご紹介します。

講師

株式会社大塚商会

14:30〜15:20

【S02】

基礎から分かるPDM「SOLIDWORKS」で始める設計データ管理

「3次元CADを導入したけど、データの上書きが怖い」「ファイルの参照関係が分からなくてコピーが不安」「ファイルサーバーから直接開いているのでデータが重い」など、3次元CAD特有のデータの取り扱いにお困りの方は必見です!「SOLIDWORKS PDM」を使えば、データの扱いが簡単になるだけでなく、設計データの変更履歴を取り、必要なファイルをすぐに見つけられる快適な設計環境を実現できます。「SOLIDWORKS」を使ったBOMやリビジョン管理の手法といった、いまさら聞けないPDM(設計データ管理)の基礎をご紹介します。

  • * 本セミナーは、事前に録画した動画を配信します。
講師

ソリッドワークス・ジャパン株式会社

16:00〜16:50

【S03】

SOLIDWORKS PDMから始めるBOMの活用
〜つながる! 広がる! ものづくり〜

SOLIDWORKS PDMの導入は設計の管理工数を削減するほか、3次元データの活用を促進し、他システムへの連携の足掛かりにもなります。本セミナーではSOLIDWORKS PDM導入後、生産管理へと連携する場合の基本的な概念、用語などを事例を交えて分かりやすく解説します。

講師

株式会社大塚商会

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー