一歩先を行く! Microsoft Teamsの活用

Teams連携ソリューションでランクアップ

Microsoft Teamsの画面が変わった、機能が増えたと感じていませんか。大塚商会FastTrack担当が対応経験を踏まえ、効果的な利用方法や活用事例、運用上の課題と解決策をご紹介します。また、各社の活用連携ソリューションもご紹介します。

クラウド 情報共有・会議システム 製品の導入・活用支援 営業・業務プロセス効率化 オンライン

  • 日時:2020年11月11日(水) 13:30〜16:30
  • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
  • 配信環境:Zoom
  • 参加費:無料(事前申込制)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーのご案内

13:30〜14:10

一歩先を行く!Microsoft Teams の活用

Case1. Microsoft Teamsの便利な新機能とユースケースのご紹介

テレワークを推進するコミュニケーションツールとしてのMicrosoft Teamsについて、最近追加されたより便利な新機能のご紹介、効果的な使い方と、Microsoft Teams活用に関する事例・効果についてのユースケースをご紹介します。

Case2. Microsoft Teams運用上の課題と解決策

Microsoft Teamsは利便性が高く目に見えて効果がある一方、急速に利用が広まったことで運用管理やセキュリティ上の課題も顕在化しています。このセッションではコンプライアンス、運用管理の側面から検討すべき課題の提起とソリューションについてご紹介します。

講師

株式会社大塚商会

14:30〜15:00

「AvePoint Cloud Governance」によるMicrosoft Teams展開・管理の自動化(録画配信)

リモートワーク対策が事業継続に必須であることが明確化する中、多くの組織でMicrosoft Teamsの導入が急ピッチで進められています。しかし、その一方で、「チームをどのように継続的に管理していくか」という問題も急浮上しつつあります。本セミナーでは、Microsoft Teams運用管理強化ツールである「AvePoint Cloud Governance」を利用した、「乱立」「管理工数増加」などの問題解決についてご紹介します。

講師

AvePoint Japan株式会社

15:15〜15:45

「Smart at message for kintone」によるkintone通知機能プラグインとMicrosoft Teamsの連携

kintone上での案件の共有や見積承認依頼など、特定のユーザー・グループに通知を行う際、Microsoft Teams連携を利用することでTeams上のユーザーやグループにkintoneから通知することができるようになりました。また、本プラグインは、kintoneのIDを持たない人への連絡としてご利用いただけるものになっています。

講師

サイボウズ株式会社

16:00〜16:30

「SOURCENEXT Meeting OWL Pro」でリモート先でもリアルミーティングを実現!
〜Microsoft Teamsを有効活用する「モダンワークプレイス」のご紹介〜

新しい生活様式を模索している中、リアル/リモートを融合したミーティングデバイス「SOURCENEXT Meeting OWL Pro」をご紹介します。また、クラウドのコミュニケーションスペースであるMicrosoft Teamsを有効活用し、オンラインコミュニケーションや共同作業における生産性・柔軟性が大幅に向上させるデバイス/Microsoft Surface Hub 2SやLogicool Tapをご紹介します。

講師

シネックスジャパン株式会社

講師

ソースネクスト株式会社

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー