社会福祉法人信愛報恩会様による介護DXへの取組成果発表会と有識者対談による今後のICT活用の在り方を考える

介護DXへの取り組みに対しての成果をお聞きいただけます

第1部では成果発表として、グループホーム・特別養護老人ホーム(特養)・通所の事業においての、介護DXの成果を発表します。また、2021年東京都ICTへの補助事業についても触れてまいります。第2部として有識者を招き、今後の活用方法を討議します。

紙文書の電子化(書類・FAX・名刺・データ管理等)人手不足対策(業務自動化/生産性向上)モバイル・タブレット活用営業・業務プロセス効率化オンライン

  • 日時:2021年4月19日(月) 10:00〜14:50
  • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
  • 配信環境:Zoom
  • 参加費:無料(事前申込制)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーのご案内

10:00〜10:40

【A01】

成果発表会

グループホームでのICT導入効果 デジタルを活用する認知症ケア

認知症ケアというと、人と人とのふれあいが基本です。でも、人がデジタルをうまく活用することで、今までは知りえなかった情報を知ることができ、さらに質の高い認知症ケアが可能になると考えています。特に見守りシステムは、職員の感覚をアシストしてくれ、認知症の方々の眠りを妨げることなく、見守ることが可能になります。

講師

社会福祉法人信愛報恩会 しんあい清戸の里グループホームひまわり 管理者

田口 弘子

2014年に社会福祉法人信愛報恩会に入職しグループホームひまわりの立ち上げに携わり、当初からホームの管理や職員への教育指導を担当。2019年よりICTを導入しケアや業務に活かす取り組みを行っている。

10:50〜11:30

【A02】

成果発表会

特養でのICT導入効果 記録のデジタル化だけではもったいない。利用者ケアが向上するデジタルを目指す

のぞみの郷は紙の記録だったところを、デジタル化に切り替えました。記録をデジタル化するだけでも大変ですが、そこから波及したさまざまな効果があり、最後は利用者ケアにつながるデジタル化が大事だと考えています。また、経営視点からもデジタル化についての効果を考えます。

講師

社会福祉法人信愛報恩会 特別養護老人ホーム 信愛のぞみの郷 施設長

宮田 晋浩

2019年に社会福祉法人信愛報恩会に入職、のぞみの郷でのICTプロジェクトを推進し、2021年4月より施設長。

11:40〜12:20

【A03】

成果発表会

通所介護事業所でのICT導入効果 記録を通してケアのPDCAを構築。より良い包括ケアでの通所介護の役割を果たすために

みどりの樹は開所して半年の事業です。開所よりデジタル化を構築してきました。在宅部門は、施設ケアと違って、ご利用者の一部分でしかお付き合いできません。ほかの事業所と情報を共有しながら、通所介護サービスに求められる役割を果たしていくために、デジタルの活用は必須と考えています。

講師

社会福祉法人信愛報恩会 デイサービスセンター みどりの樹 管理者

國田 愛

1997年に信愛の園に入職。2017年より記録システム導入に携わる。2019年に通所介護事業所へ異動し、2020年10月 デイサービスセンターみどりの樹 管理者。

13:00〜13:50

【A04】

補助金関連

介護施設におけるデジタル環境整備
〜業務改善につながるために〜

2020年東京都ICT補助金を活用し、介護DXを実現された成功事例を法人のプロジェクトリーダーの方からお話しいただきます。

当日の流れ

  1. 法人のご紹介
  2. 法人の方向性(ICT導入に対する考え方)とICT導入に至る経緯
  3. 導入機器選定のポイント
  4. 補助金活用上の注意点
  5. 業務改善につながるために
  6. 2021年度介護保険施設などにおけるデジタル環境整備促進事業(大塚商会 伊藤)
講師

社会福祉法人信愛報恩会 情報管理室 室長

北川 美歩

1998年に社会福祉法人信愛報恩会へ入職。音楽療法士として入職後、法人事務局へ異動。その後、情報管理室立ち上げを担当。情報管理室室長として法人内のICT導入や法人運営に携わっている。

講師

株式会社大塚商会 本部SI統括部 セールスリーダー

伊藤 智一

14:00〜14:50

【A05】

有識者対談

今後のICT活用の在り方を考える 「LIFE」元年、データ提出とフィードバックをどう活用するか?

施設系から在宅サービスまで幅広く展開する信愛報恩会様においてのCHASE・VISITへのデータ提出対応方法をお聞きします。また、介護コンサルタント 株式会社ねこの手 伊藤先生との対談の中で、フィードバックをどのように活かすか、スタッフの負荷を高めずにデータ提出効率的に行う方法など討議します。

講師

社会福祉法人信愛報恩会 情報管理室 室長

北川 美歩

1998年に社会福祉法人信愛報恩会へ入職。音楽療法士として入職後、法人事務局へ異動。その後、情報管理室立ち上げを担当。情報管理室室長として法人内のICT導入や法人運営に携わっている。

講師

株式会社ねこの手 代表取締役社長

伊藤 亜記

1998年、介護福祉士を取得し、老人保健施設で介護職を経験し、ケアハウスで介護相談員兼施設長代行を務める。その後、大手介護関連会社の支店長を経て、「ねこの手」を設立。介護記録についての書籍は17刷2万部を突破するベストセラーとなる。

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー