電子帳簿保存法も労務管理もゼロトラストセキュリティも一堂に!

話題の法改正から「信頼しないセキュリティ対策」まで「今、必要なこと」をお伝えします

電子帳簿保存法改正案が可決され、2022年から新しい要件での運用が始まることになりました。テレワーク環境の整備が進みつつある一方、セキュリティ対策の重要性も増しています。外的要因への対応を味方にし、企業変革を継続するために、「今、必要なこと」をお伝えします。

電子帳簿保存法改正対応紙文書の電子化(書類・FAX・名刺・データ管理等)テレワークの実現・効率化ウイルス対策・サイバー攻撃対策人手不足対策(業務自動化/生産性向上)文書管理・電子契約・ペーパーレスクラウドセキュリティ経営基盤強化・リスク対策紙文書の管理・活用オンライン

  • 日時:2021年5月14日(金) 13:10〜16:55 (接続開始 13:00〜)
  • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
  • 配信環境:Zoom
  • 参加費:無料(事前申込制)

受付終了

開催終了いたしました。

最新のフェア・セミナー情報については、フェア・セミナー一覧ページよりご覧ください。

セミナーのご案内

13:10〜13:40

【A01】

30分

労務管理のクラウド化で働き方が変わる!
紙とハンコの要らない手続きの実現

テレワーク環境下でも、社会保険手続きをはじめとする労務管理は、遅れがあってはならない大切な業務です。3年連続クラウド労務管理シェアNo.1(注1)の「SmartHR」は、テレワークでも人事・労務の業務効率化はもちろん、働く全ての人の生産性向上を支えます。実際の活用事例もあわせ、従業員が安心して働ける会社づくりをどのように行うべきかもご紹介します。

  • (注1)デロイト トーマツ ミック経済研究所「HRTechクラウド市場の実態と展望 2020年度」
  • * セミナーの内容を踏まえて、受講対象を従業員数51名以上のお客様に限定させていただきます。あらかじめご了承ください。
講師

株式会社SmartHR セールスグループ 事業開発ユニット チーフ

向高 立一郎

(「高」は、正しくははしご高になります)

14:10〜14:40

【A02】

30分

「ゼロトラスト」で脅威から守る!
最前線のセキュリティ対策をご紹介

テレワークが身近になり、既に多くの企業・組織が実施しています。しかし、昨今リモートアクセス環境を狙ったサイバー攻撃が多発しており、テレワークにおけるセキュリティリスクが高まっています。インフラ環境の変化により、全て信用できない「ゼロトラスト」という設計思考まで注目されています。本セミナーでは、セキュリティ事故や情報漏えいを起こさないための対策についてご紹介します。

講師

株式会社大塚商会 統合戦略企画部 統合戦略企画1課

延下 悟志

15:10〜15:40

【A03】

30分

ちょっと待って! 電子帳簿保存法改正で請求書業務が変わるってホント!?
全ての企業が対象なので、2022年1月までの対策が必須です

3月26日に可決され決定事項になった、2022年1月の電子帳簿保存法改正。今回は今までにない大幅緩和といわれていますが、その中には実は大きな運用変更を伴う、全ての企業が対象の規制強化が含まれています。それは電子取引について、国税関係書類の紙保管が認められなくなる点です。本セミナーでは、具体的な事例を含め、注意点や2022年1月までに備えるべきことをご紹介します。

講師

株式会社大塚商会 統合戦略企画部 デジタルドキュメントプロモーション課

岡野 純子

16:10〜16:55

【A04】

45分

電子帳簿保存、実際に対応するには何から始める?
〜JIIMA認証取得の文書管理と会計で一元的な書類管理をご紹介〜

JIIMA認証取得済みの「eValue V」と「SMILE V 会計」を利用し、法的要件に対応した電子化の運用ポイントと経費精算の仕組みをご紹介します。本セミナーでは、電子帳簿保存法の対応イメージがわいていない方、請求書・領収書の具体的な管理・運用にお困りの方は必見の内容です。

  • * 本セミナーは、事前に収録したセミナーの録画放送です。
講師

株式会社大塚商会 統合戦略企画部 デジタルドキュメントプロモーション課

岡 亜矢子

講師

株式会社大塚商会 業種SIプロモーション部 業種業務ソリューション推進2課

伊藤 理恵子

受講の受け付けを終了しました

受付終了

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー