行政のデジタル化に対する企業としての取り組み方

withコロナ時代のニューノーマル対応

テレワークが求められる時代の変化に対し、会社内でしか対応できない業務として電子申告・電子申請の行政手続きが挙げられます。本セミナーでは「SMILE V」を使い、どのようにしてテレワーク化に向き合っていくのか、押印や郵送など一つ一つの課題に対してどのように解決するのかをご説明します。

電子帳簿保存法改正対応 紙文書の電子化(書類・FAX・名刺・データ管理等) テレワークの実現・効率化 人手不足対策(業務自動化/生産性向上) 経費削減 文書管理・電子契約・ペーパーレス ERP・基幹業務・業務管理 経理・総務・調達の代行 営業・業務プロセス効率化 コスト削減・売り上げ向上 オンライン

  • 日時:2021年5月17日(月) 13:00〜16:20
  • 会場:オンライン(全国どこでも参加可能)
  • 配信環境:Zoom
  • 参加費:無料(事前申込制)
  • 締め切り日:2021年5月14日(金) 17:00まで

お申し込みはこちら

重要なお知らせ

新型コロナウイルスの国内感染の拡大をうけ、本セミナーはオンラインセミナーで開催します。また、新型コロナウイルス感染拡大の影響、および感染防止の観点から、やむを得ず配信方法の変更や急きょ配信を中止する場合もございます。ご了承ください。

セミナーのご案内

13:00〜13:40

【S01】

e-Gov マイナポータル 定員100名様

社労士×電子申請システムベンダーが本音で語る
電子申請で真の業務効率化を進めるポイントとは

現場で数々の企業の課題に直面し、業務効率化を推進してきた社労士と、電子申請システムのサービスを提供し企業の業務効率化に貢献してきたITベンダーが、電子申請で真に業務効率化が進めていくためのポイントを、事例を通して語ります。
システムベンダーと社会保険労務士が語る対談形式でお送りします。

講師

株式会社ブレインコンサルティングオフィス 社会保険労務士 メンタルヘルス法務主任者

北條 孝枝

会計事務所で14年間、顧問先の経営者、人事総務部門の悩みや課題と向き合い、企業を受託し業務の効率化に関わってきた経験を持ち、現在では社会保険労務士として数多くの企業の労務管理や、現場に即した業務改善の提案、規程の見直しなど、企業の支援をしている。情報セキュリティ、マイナンバー、メンタルヘルス対策への造詣(ぞうけい)も深く、近年は実務担当者の目線で、個人情報管理の社内整備や運用の最適化にも取り組み、企業実務に即した対応に関するセミナー講演も多数行っている。

講師

株式会社ユー・エス・イー 技術営業本部 副本部長

北野 文章

株式会社ユー・エス・イーに入社して約27年間、「Charlotte」に携わるまでは、官庁系システムや金融系システム、各法人向けシステムなどさまざまなシステム開発に携わり、プロジェクトマネージメントや業務コンサルを経験。2016年に社会保険電子申請システム「Charlotte」を開発。現在はCharlotte事業の事業責任者の役割をこなしながら、技術営業本部 副本部長としても多くのプロジェクトに携わっている。

14:10〜14:50

【S02】

JIIMA「電子帳簿ソフト法的要件認証」 定員100名様

SMILE Vで実現する「総務・経理部門」におけるDX推進とは!?

JIIMA「電子帳簿ソフト法的要件認証」を取得した「SMILE V 会計」と、基幹系システムと情報系システムのデータベースを統合した「SMILE V DX統合パッケージ」をご紹介します。システム間の密接なデータ連携に加え、他社サービスとのAPI連携、AI・RPAツールとの連携によって、導入企業の業務最適化、生産性向上などを実現しています。電子帳簿保存法に基づく帳簿保存のデジタル化をご検討されている企業様必見です!

講師

株式会社大塚商会 業種SIプロモーション部 課長

森島 崇幹

15:20〜16:20

【S03】

eーTax eLTAX 定員100名様

知っておきたい! 電子申告・電子帳簿化の導入の方法とメリット

電子申告の義務化が始まって納税環境のデジタル化が加速しています。電子申告に対応すれば、電子データで保存可能になるため紙の印刷代や作業時間のコスト削減、押印や郵送、提出の手間を削減することが可能になります。電子帳簿保存法では電子データの保存期限は紙と変わらず原則7年ですが、電子帳簿保存によって「会計データの保存方法」が大きく変わりました。電子帳簿保存で「紙」による保存は必要なく、経理部門の業務効率化や情報管理の利便性を高めながらさまざまなメリットを享受できることをご紹介します。

当日の流れ

  1. 大法人の電子申告義務化と電子帳簿保存法改正
  2. 大法人の電子申告義務化の概要
  3. 法人税、消費税の電子申告の方法
  4. 電子納税の方法
  5. e-Tax・eLTAXの利便性向上
  6. 電子帳簿保存法の改正内容
  7. 電子申告・電子帳簿化のメリット・デメリット
  8. EPSON電子申告システムのご紹介
講師

清水透税理士事務所 税理士

清水 透

2006年2月、税理士登録。税理士試験対策講座簿記論講師などを経て都内の税理士法人に勤務。その傍ら、2016年1月までの約3年間メガバンクに出向。2016年2月、独立開業。

講師

エプソン販売株式会社 AC営業部 AC営業1課

福岡 一郎

お申し込みはこちら

開催概要

日時
2021年5月17日(月) 13:00〜16:20
会場
オンライン(全国どこでも参加可能)
環境
PCやタブレットなどの端末と、インターネット環境が必要です。
(「Zoom」を使用して配信します)
受講URL
当選されたお客様にE-mailにてご案内します。
参加費
無料(事前申込制)
お申し込みの注意事項
  • お申し込み多数のセミナーにつきましては、抽選とさせていただきますが、さらに一定数以上のご応募があった場合、早期に募集を締め切らせていただく場合がございます。
  • 締め切り日時を過ぎてからのお申し込みにつきましては、受講のご案内を配信できない場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 抽選結果ならびに当選者への受講証は、5月10日(月)頃より、順次E-mailにて送信させていただきます。
  • コンサルタント、同業のお客様のお申し込みはお断りしています。あらかじめご了承ください。
締め切り日
2021年5月14日(金) 17:00まで
主催
株式会社大塚商会
協賛
清水透税理士事務所
エプソン販売株式会社
株式会社ブレインコンサルティングオフィス
株式会社ユー・エス・イー
お問い合わせ先
株式会社大塚商会 業種SIプロモーション部 ストック推進課
E-mail:stock-infra@otsuka-shokai.co.jp

ただいま、受講を受け付けています

お申し込みはこちら

見たいセミナーは見逃さない!

最新セミナー情報をメールでお届けします。

メルマガの登録

ナビゲーションメニュー